ネスレの2030年に向けた長期的な目標は、事業活動における環境負荷ゼロを目指すことです。また、気候変動そして持続可能なパッケージへの取り組みについては、次のようなコミットメントを掲げています。

気候変動への取り組み

  • 2050年までに炭素排出量実質ゼロを達成する

持続可能なパッケージへの取り組み

  • 2025年までに包装材料を100%リサイクル可能あるいはリユース可能にする
  • 2025年までにバージンプラスチックの使用量を3分の1削減する(2019年対比)

ネスレ日本においても、重点項目を定めて事業活動における取り組みを進めています。

ネスレ日本の取り組み

ネスレグローバルの取り組み