ネスレの製品は毎日10億以上販売されており、2018年にはグループ計914億スイスフランの売上を達成しました。

ネスレのセールスは、カテゴリーと消費者のマネジメント、顧客との関係構築、市場への販売戦略構築やフィールドセールス活動などを担当します。これらの活動は、ネスレ製品が「いつでもどこでも欲しい時に購入できるようにする」といった点や、消費者の喜びといった点にフォーカスしています。

具体的な活動として、商品の仕入れを担当する小売店本部バイヤーや卸店担当者と商談を行い、顧客ニーズを掘り起こし、効果的な棚割提案、販促提案、新製品のプレゼンテーション等を行っています。また、各チャネルの販売動向や特徴に応じて販売戦略を提案する必要もあります。 営業活動の中で、競合メーカーやお得意先の情報収集は大切な業務の1つです。小売店本部でバイヤーから情報を得ることもできますが、実際に店頭に足を運び、売り場の担当者や直接お客様とお話しすることで、本部では知りえない情報を入手することもできるからです。そうして得た情報を、またバイヤーや社内の各部署と共有し、今後の戦略を考え、更なる売上拡大を目指します。

営業本部編

ネスレは、世界最大の食品メーカーであり、今後の将来を見据えた様々な施策に積極的に取り組んでいる点に社員として安心感を感じます。

続きはこちらをクリック

Kei Ishii
石井 桂 営業本部 中部支社