コミュニティのために  (日本での取り組み)

困難に負けない活力あるコミュニティを育成します

製品を通じた支援

csv2021_individuals-families_j_01

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で多くの方が不安を抱えられる中、チョコレートやコーヒーで少しでもほっとひと息ついていただけるようさまざまな形での支援を行っています。
2020年5月には、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けた方々を支援するために、「キットカット」や「ネスカフェ」を日本赤十字社や認定NPO法人全国子ども食堂支援センターむすびえ、各地の自治体等へ寄贈しました。その後も全国のフードバンクや医療機関などを対象に、自社製品の寄贈を継続しています。
また、日本各地を訪れる観光客数が減少している状況を踏まえて、商品の購入を通じて日本全国の観光地域を応援できる寄付金付きの「ご当地キットカット」を発売しました。1商品あたり10円の寄付金が商品価格に含まれており、その寄付金は日本観光振興協会のネットワークを通じ、全国の観光地域の活動を支援するために活用されています。

新たな働き方の推進

csv2021_individuals-families_j_01

以前から導入を進めていたリモートワーク制度を活用し、自宅から勤務できる従業員を対象に在宅勤務をさらに推進しました。また、社員の健康と安全を第一に考え、従業員へのマスクの配布や職場における感染予防対策の実施、工場やコールセンターなど出勤が必要な従業員への感謝の気持ちを届けるメッセージなどを社内SNSで発信しました。

また、ネスレ ヘルスサイエンスでは、医療・介護従事者の方へ安心・安全に製品や製品情報をお届けするために、インサイドセールス部を新たに立上げ、オフィスへの出社や医療・介護従事者への直接訪問をしなくても、さまざまなデジタルツールとオンラインでスムーズな情報提供ができる体制をいち早く整えました。

沖縄コーヒープロジェクト

2019年、ネスレ日本と沖縄SV株式会社は、沖縄県名護市、琉球大学と連携し、沖縄で初となる大規模な国産コーヒーの栽培を目指す「沖縄コーヒープロジェクト」を開始しました。
沖縄県内の耕作放棄地などを活用し、沖縄を拠点とする国産コーヒー豆の栽培を本格的に開始することで、沖縄県の一次産業における問題解決を目指しています。世界中のコーヒー生豆のサプライチェーンを継続的に改善することを目的としたプログラム「ネスカフェ プラン」に取り組むネスレは、コーヒーを栽培する上での技術支援・コーヒーの種子の提供などを行っています。

また2021年1月からは、沖縄県立北部農林高等学校 熱帯農業科の授業・実習の一環としてコーヒーの苗木を高校の農場に移植・育成する取り組みを開始しています。

csv2021_individuals-families_j_01
これまでに約6,000本のコーヒーの苗木が移植されており(2021年5月現在)、当プロジェクトによって初めてコーヒー豆が収穫される時期は最短で2022年末以降を予定しています。

ネコのバス

ネスレ ピュリナ ペットケアは、保護された猫(保護猫)のためにバス車両を全面的に改装した「ネコのバス」を活用して譲渡会を実施し、保護猫の啓発と譲渡促進に貢献しています。2018年4月に活動を開始してから、神戸、大阪、名古屋をはじめとする15以上の都市で保護猫の譲渡や啓発活動を行っています。
2020年11月には、バス車内での譲渡会の開催が困難な状況の中、名古屋市および公益社団法人 名古屋市獣医師会と連携し、 「ネコのバス」を活用したオンライン形式の保護猫譲渡会を中心とする番組をライブで配信しました。
これからも人とペットが共生する社会の実現に向けた取り組みを推進していきます。

csv2021_individuals-families_j_01

ダイバーシティ&インクルージョン・働きやすい職場

さまざまな違いを持つ社員が集まった組織の方が新しい発想やイノベーションが生まれやすくなると考え、ネスレ日本はダイバーシティ&インクルージョン(多様性を認め、受け入れ、活かす)の推進に取り組んでいます。
2020年10月には、グローバル方針に準拠して、性別に関わらず養子縁組などで親となった社員全てが子育て支援を受けられる「ネスレ日本養育者支援方針」を導入しました。
また、2021年3月には、日本イーライリリー社と合同で3月8日の国際女性デーに合わせ、両社員向けに、女性をとりまくすべての人々の笑顔と活躍を応援するオンラインセッションを実施しました。

csv2021_individuals-families_j_01
国際女性デー合同イベント 共同コラージュ

イノベーションアワード

csv2021_individuals-families_j_01

少子高齢化が進む成熟先進国の日本で、日々刻々と変化していく問題を解決するためには、社員一人ひとりがイノベーションを通じて顧客に価値を提供しなければなりません。社員全員が顧客の問題を発見し考える力を養うことができるよう、ネスレ日本では「イノベーションアワード」とよばれる社内コンテストを毎年実施しています。社員全員が、自分の顧客は誰か、顧客が抱える問題は何かについて考え、問題を解決するためのアイデア、そしてそれを実行した結果を応募します。

コンプライアンス

ネスレは「ネスレの経営に関する諸原則」および「ネスレ考働規範」に基づき、世界中で事業を行っています。2020年には全マネジャー向けにリーダーシップに関するオンライン研修を実施しました。
また、すべての社外ステークホルダーの皆さまから、ネスレのコンプライアンスに反する可能性がある案件について連絡していただく専用システム「Speak Up - お聞かせください」を企業サイト上に設けています。

csv2021_individuals-families_j_01

ネスレ企業サイト Speak Up - お聞かせください
https://www.nestle.co.jp/aboutus/principles/report-your-concerns