Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

Diversity & Inclusion

ネスレは次の分野で特にダイバーシティ&インクルージョンを推進しています

企業文化
企業文化
企業文化

共に働く社員の持つさまざまな違いを認め、受け入れ、活かす企業文化を醸成しています。

社会
社会
社会

バリューチェーン全体を通じてビジネスを取り巻く多様な環境の中で、受容的に行動し、社会・ステークホルダーと関わります。

イノベーション
イノベーション
イノベーション

ネスレ製品とサービスに対する多様なお客様が持つ“いつでも、どこでも、どんな時でも”のニーズを受容し、その提供を考えます。

ネスレのダイバーシティ&インクルージョンとは?

ダイバーシティ&インクルージョン(多様性を認め、受け入れ、活かす)は、ネスレの企業文化の主軸であり、ネスレの存在意義と価値観に深く根付いています。
私たちが持つべき価値観は、経緯に根差した価値観:自分への敬意、他者への敬意、多様性への敬意、未来への敬意です。 ネスレは、企業文化、イノベーション、そして社会という3つの分野に焦点を絞り、すべての行動にダイバーシティ&インクルージョンの考え方を取り入れるようにしています。これには、社員の持つさまざまな才能や経験を尊重し受容する企業文化を構築すること、多様なお客様のニーズに応えるためにイノベーションを起こすこと、そして事業を行うさまざまな地域社会と関わることが含まれています。
私たちは、ネスレの価値観を尊重し、かつ、求められるコンピテンシーを有する意欲ある人材を採用し、入社後にはネスレでの成長のために公正な機会を提供し、またプライバシーを保護します。いかなる形での嫌がらせや差別も容認はしません。公正な機会を提供するというネスレのコミットメントは、採用から雇用関係が終了するまで継続します。

Thumbnail
男女のバランス

ネスレは2008年より、男女のバランス比の改善を優先事項として取り組んでおり、 組織内のあらゆるレベルで女性社員の数を増やしてきました。女性管理職や上級管理職の割合を年々増加させるため、 職場環境を整備し、より男女比のバランスのとれた組織になることを目指しています。 男女比の改善に関するネスレの世界的および日本での取り組みには、次のものがあります:

 

Thumbnail

 

ネスレはジェンダーバランスを意識し、マネジャーとして活躍する女性の数を増やしています。2018年現在、マネジャーの43%は女性です。グループの上位200人の役員における女性の割合を、現在の20%から2022年までに30%に増やす目標を掲げており、ネスレの男女平等への旅のさらなる一歩となります。

多くの女性が第一線で活躍することにより、ネスレの包括的な文化を強化し、さらなる会社の成長へつながると信じています。>

マーク・シュナイダーCEO

2019年、世界の役員における女性の数を増やすための行動計画を策定しました。 ジェンダーバランスアクセラレーションプランには、次の通りです。

  • 全マネジャーに対し包括的な職場を育むようサポートし、アンコンシャスバイアスについてのトレーニングを実施します。
  • 各国において、育児休業制度の活用や柔軟な働き方を適用することを推奨します。
  • 役員への登用が期待されている女性社員に向けたメンタリングプログラムなどを強化します。
  • 役員に就く女性の採用と昇進。
  • ジェンダーバランスにおける促進や進捗を役員と定期的に確認します。
  • 性別による賃金格差の是正に注力し続けます。
  • ネスレのCSVレポート(共通価値の創造)において進捗状況を共有します。

 

 

 

 

男女平等指数2019におけるネスレ

Thumbnail

ネスレのジェンダーバランスアクセラレーションプランは、社員のジェンダーバランスを増進する既存のコミットメントを強化します。男女平等を推進し、より良い職場を創出する上で、男性も女性も誰もが重要な役割を果たすと確信しています。

Béatrice Guillaume-Grabisch, Executive Vice President,
Head of Group Human Resources and Business Services

カルチャーアジリティ(敏しょう性)

189ヶ国、177の異なる国籍からなる308,000人の社員で構成されているネスレにとって、カルチャーアジリティは非常に重要であり、役員や社員に対しさまざまなプログラムを通じてサポートしています。

  • ビジネスを行う上で文化の違いによるインパクトを理解する。
  • 異なる文化に応じてフィードバック方法を理解する。
  • 異なる文化間でコミュニケーションや行動やその適応方法を学ぶ

これらのプログラムには、カルチャーアジリティワークショップとeラーニングがあります。

Thumbnail
職場における異なる世代

ネスレでは、ダイバーシティとインクルージョンの施策として、すべての世代の人々の統合と平等を確保しています。 2017年、ネスレフランスはミレニアルデーを開催し、リバースメンタリングワークショップ、世代間の交流とディベートを行いました。 この日はミレニアルズチャレンジも開催され、ミレニアルズチームは「明日のネスレ」の創造に関する提案をしました。また、ファイナリストとして選ばれたチームは、役員の前でプレゼンテーションを行う機会が得ました。

Thumbnail
さまざまな能力を引き出す

ネスレは、能力を引き出し、各々の強みを生かす文化を促進していくことを目指しています。またトレーニングと意識向上、職場復帰の実践、現場や職場へのアクセスのしやすさなどのベストプラクティスとアクションを追跡するために、グローバルで共通の自己評価方法を開発しました。

さまざまな能力を持つ人材の雇用を増加させる目的としたローカルプログラムがさまざまな国々で実施しています。例えば、ネスレオーストリアでは、政府機関であるFABとWUKが支援する2つのインクルージョンイニシアチブを公開しました。またネスレフランスでは、以下の3つの柱に基づいた第2の「障がい者グループ協約」に署名しました。
◾障がい者の雇用維持
◾障がい者の採用と受け入れ
◾トピックに関するマインドセットについてのトレーニングとコミュニケーション。

 

 

 

ネスレフランスは、障がい者雇用の取り組みの成果が2014年欧州ダイバーシティ賞で年間最優秀企業として表彰されました。

Thumbnail
LGBT +コミュニティの強化

LGBT +(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスセクシュアル、+)に関する認識を高め、外部団体と協働することにより、包括的な職場文化の強化にむけて取り組みを拡大しています。

2018年以来、ネスレは国連の行動規範を支持し、レズビアン、ゲイ、バイ、トランス、インターセックス(LGBTI)の人々に対する差別への取り組むを支援しています。

Thumbnail

例えば、ネスレUSAおよびネスレピュリナペットケアは、2018年の企業平等指数(CEI)、国家ベンチマーク調査、並びに人権キャンペーン財団が運営しているレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア(LGBTQ)に対する職場の平等性に関する企業のポリシーと慣行に関する報告書でそれぞれ95%と100%のスコアを獲得しました。

共にリードする

ダイバーシティ&インクルージョンとアンコンシャスバイアスに関するネスレの継続的なトレーニングプログラム、ワークショップ、およびベストプラクティスの共有によって、全社員がビジョンを理解し、それに沿った行動を取ることを目指しています。 2017年には、「Leading Together」と呼ばれる一連の会議を世界中で開始しました。 この会議では、あらゆるレベルの、すべての世代の女性と男性が集まり、ダイバーシティ&インクルージョンを加速させるための手段を議論します。

2019年現在、ネスレには世界中に25を超える社員ネットワークがあります。

アンコンシャスバイアス(無意識の先入観)の連鎖

長期にわたる多様で包括的な文化を維持するための施策の1つは、職場環境におけるアンコンシャスバイアス(無意識の先入観)の阻害を最小限に抑えることです。

アンコンシャスバイアス(無意識の先入観)は、個人が自身の意識外で形成する人々の特定のグループに対する社会的ステレオタイプです。誰もがさまざまな社会グループやアイデンティティグループについて無意識の信念を持っています。これらの先入観は、カテゴリーによって個人により異なります。

このトピックにおけるワークショップやトレーニングツールは、啓発的で社員の間でも評判が良いです。

ワークショップでは、社員自身が自由に表現し、各自が職場での先入観を共有し、そして対人関係における実践的なソリューションを提供します。

社員がトレーニングプログラムとテストツールを自由に活用することにより、社員が気付いていないかもしれない先入観を発見・測定し、個々人の能力開発やカルチャーの発展に対する推奨事項に沿っていきます。2018年には、1,464人の社員がこのトレーニングを修了し、2015年からですと合計12,120人が修了しています。

アンコンシャスバイアス(無意識の先入観)の詳細:

ネスレインドは、工場の社員をトレーニングするために、ヒンディー語のモジュールを開発しました。 4つの工場135人の組合員は、トレーニングを受講し、工場の人事チームのサポートを受けながら、プログラムを他の社員へ実施しました。このプログラムは2018年に他の工場においても実施されました。

ネスレミドルイーストは、グローバルダイバーシティアンドインクルージョンのヘッドが進行役を務める2日間のダイバーシティアンドインクルージョンイベントを役員向けに開催しました。英語でのAwareness Workshopの様子が録画され、全社員がアラビア語とペルシア語での字幕付きで視聴できるようになりました。

Thumbnail