Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

ネスレの基本戦略

nestle headquarters building

Good food, Good life. それは良い企業活動のことです。
消費者の期待、競争、ビジネス環境、社会、すべてがかつてないスピードで進化しています。
ネスレは、これまで以上に適切で、手に入れやすく、サステナブル(持続可能)な方法で、Good foodをお届けできるようお応えしなければなりません。
ネスレが行うすべての選択には、Good food, Good lifeをお届けするという私たちのコミットメントが反映されています。Goodとは自らを高い水準に保ち、そして常により良くなろうと努めることです。

ネスレの戦略、ネスレの選択

ネスレは、消費者のニーズに合わせて進化し、十分に栄養のある、五感を楽しませる製品ポートフォリオを提供し、生活がさらに健康的で調和のとれたものになるように、そして地球環境がさらに健全になるように貢献することを目指しています。
これが私たちの今日の選択の指針となり、そして製品の進化、イノベーション、買収、パートナーシップなどを通じて、明日のポートフォリオを形成します。

ネスレは、Good food, Good lifeを以下のようにしてお届けするのが最善だと考えています。

  • 健康とウェルネスの専門知識を活かして、人とペットの健康やウェルネスを高めます。
  • 高い意識を持ち、忙しいライフスタイルを送る現代の消費者のニーズを、健康的で美味しく便利な製品によって満たします。
  • 消費者インサイトや、先駆的な栄養科学や調理分野での卓越した知識により、高品質な食品イノベーションを市場にもたらします。
  • 食生活の多様化に合わせて消費者の嗜好に合致する植物由来の食品を幅広く提供します。
  • ネスレの規模と専門知識を活用して、あらゆる所ですべての人が十分な栄養を手に入れられるようにします。
  • コーヒー、ペットケア、乳児用製品、ウォーター、栄養補助食品分野でより高い成長を追求しながら、すべてのカテゴリーにおける勝利を目指して事業展開を行います。
 

ネスレの価値創造モデル

ネスレの長期的な価値創造モデルは、資源効率の高い売上と利益の成長および資本効率の改善をバランス良く追及することに基づいています。ネスレは以下の方法で価値を創造します。

  • イノベーションと差別化を通じて、消費者との関連性の高い製品やソリューションを提供することで成長を加速させます。ネスレは、持続可能な一桁台半ばのオーガニックグロースを達成することにコミットします。
  • オペレーション効率を改善し、2020年には基礎となる資産ベースの営業利益率を17.5%から18.5%の間に引き上げることを目標とします(2016年は16.0%)。
  • 買収や事業売却を含め、規律と明確な優先順位をもって資源と資本を配分します。
 

ネスレの長期的な価値創造モデル

nestle-strategy-chart

 

1.成長の加速

ネスレは、魅力的で成長しているカテゴリーで競争します。ネスレは世界187カ国で事業を展開しています。
製品ポートフォリオには、「ネスカフェ」のようなグローバルブランドから、Bear Brandのようなローカルで人気を博しているブランドに至るまで、2,000以上のブランドがあります。
これらのブランドのうち34のブランドは小売での年間売上高が10億スイスフランを超えています。
ネスレは、今後も積極的に製品ポートフォリオを管理し、最新の消費者動向に関連、対応する投資を優先的に行い、事業展開するすべてのカテゴリーと市場で勝利します。
そのためには、明確な優先順位を設定し、成長や効率化を通じて最大の価値を生み出す活動に資源を配分する必要があります。

2.マージンの改善

成長を加速させるためには、規律あるコスト管理を行い、あらゆるレベルで効率化を図らなければなりません。
このアプローチにより、消費者と株主の皆さまに価値を提供しながら、製品イノベーションとブランド構築に再投資するための資源を確保することが可能になります。為替の影響を除いて、消費者向けマーケティング費用は3.4%増加しました。

3.資本の慎重な配分

ネスレの優先事項は、長期的な事業の成長と発展に投資するとともに、株主還元を高め、共通価値を創造することです。
ネスレは、自社の中核事業である食品飲料、栄養補助食品事業を拡大するために、価値を創造する投資に資本配分することを優先しています。
ネスレは、慎重な財務方針のもと、規律ある資本配分を行っています。
その際には、保守的でありながらも効率的な資本構造を維持し、金融市場への柔軟なアクセスを可能にすることを目指します。
これにより、業績の改善と合わせて、投下資本利益率を2018年の12.1%から2019年には12.3%へと20bps向上させることができました。

4.共通価値の創造: ネスレの事業手法

他の食品飲料会社には、ネスレのような規模と速さでプラスの影響を与えることができる、グローバルな資源とローカルのノウハウはありません。
ネスレは、すべての人々の生活の質を高めることにコミットし、継続的に改善することを目指します。