個人と家族のために (日本での取り組み)

さらに健康で幸せな生活を実現します

健康的なコーヒー飲用習慣の推奨

csv2021_individuals-families_j_01

日本人にとって最大のポリフェノール源であるコーヒー。「1日3杯以上飲んでいる人は、身体的、精神的、社会的に健康である」という考えに基づき、「3 Coffee a Day(1日3杯のコーヒーによる健康習慣の推奨)」の啓発活動を行っています。
リモートワークなど新しい働き方を選択する機会が増えた昨年は、[コーヒーとGood Lifeに関する調査 2020]を実施し、仕事中のパフォーマンスを応援するコーヒーの飲用方法を提案しました。

また、社会的に大きな問題となっている日本人の睡眠不足に注目し、カフェインを含むコーヒーとカフェインレスコーヒーの飲み分けを通じて新しい睡眠スタイルを提案する体験型カフェ「ネスカフェ 睡眠カフェ」を運営しています。加えて、午後のパフォーマンスを考え、カフェインの入ったコーヒーを飲んでから短い昼寝をする「コーヒーナップ」も提案しています。

csv2021_individuals-families_j_02

ネスカフェ アンバサダー

「ネスカフェ アンバサダー」プログラムは、職場やコミュニティに「ネスカフェ」のコーヒーメーカーを無料で貸し出し、専用のコーヒーカートリッジの定期購入と代金回収は「ネスカフェアンバサダー」と呼ばれる職場の代表者に協力していただくサービスです。一杯のコーヒーを起点に会話や笑顔を広げる“オフィス内コミュニケーションの活性化”といったベネフィットが受け入れられ、応募者は49万人(2021年3月時点)を突破しました。

csv2021_individuals-families_j_03

介護予防カフェ

2013年、兵庫県神戸市とネスレ日本は、「こうべ元気! いきいき!! プロジェクト」の連携協定を締結しました。栄養や健康に関するノウハウを活かし、高齢者の生活の質の向上に貢献しています。取り組みの一つである「介護予防カフェ」にコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」などを提供し、「ネスカフェ」を楽しみながら語らう集いの場づくりを応援しています。すでに神戸市内の81か所(2021年3月時点)で立ち上がり、地域コミュニティの活性化に貢献しています。

csv2021_individuals-families_j_04
「ネスカフェ」を楽しみながら語らう集いの場「介護予防カフェ」(写真:2019年撮影)

健康的な選択肢の提供

csv2021_individuals-families_j_01

ネスレ ヘルスサイエンスは、日本では30年以上の歴史がある「アイソカル」をはじめとした栄養補助食品を全国1万軒以上の医療機関・介護施設の現場にお届けしています。少量高カロリーのコンパクト栄養食「アイソカル 100」や「アイソカルゼリー ハイカロリー」は、食事量が気になる時や飲み込みが気になる時などにも栄養を手軽に補給できるため、高齢者の健康維持に役立てられています。

2020年9月には、65歳以上のための栄養アセスメントアプリ「MNA プラス」の提供を開始しました。

csv2021_individuals-families_02
自宅で栄養状態を簡単にチェックでき、栄養管理や健康維持のためのアドバイスを受けられるアプリです。

また、子どもだけでなく大人にとっても大切な栄養素が美味しく摂れる「ミロ」や、2020年12月に発売した“スーパーフード”を美味しく手軽に摂っていただくことができる「nesQino(ネスキーノ)」をお届けしています。

csv2021_individuals-families_j_02

ネスレ ヘルシーキッズ

幼い頃に、栄養・健康・ウェルネスに関する知識と実践する力を身につけることは、生涯を通じた財産となります。ネスレがグローバルで推進する旗艦イニシアチブ「ネスレ ヘルシーキッズ」は、胎児期から青年期の重要な時期に、親や保護者を啓発し、支援することを目指しています。ネスレ日本では、2018年から従来の食育・運動プログラムを子どもだけでなく、保護者や高齢者にも拡大し、地域コミュニティの活性化を目指して地方自治体や子ども食堂などの団体と取り組んでいます。
2019年には、神戸を本拠とする女子サッカークラブ「INAC神戸レオネッサ」のエデュケーショナルパートナーとなり、神戸市在住の小学生とその保護者を主な対象として、両社で「栄養」と「運動」についての学びの機会を広く提供する活動を始めました。

csv2021_individuals-families_j_01
2021年1月、INAC神戸の選手が「ネスレ ヘルシーキッズ」の講師役となったオンライン紙芝居の動画を制作し、全国の小学校を対象に提供する取り組みを開始しました。(写真:2020年11月撮影)

製品パッケージ上の栄養表示

健康的な食生活に役立つ情報を提供し、製品に対する理解を深めてもらうために、ネスレでは製品パッケージ表面で1食分当たりのエネルギー、脂質、飽和脂肪酸、糖類や食塩の量と、それらが1日の目安に対して占める割合(%)をアイコン化し、わかりやすく表示しています。さらにパッケージ裏面の「ネスレ ニュートリショナルコンパス」の栄養成分表示と連動し、詳しい栄養情報をガイドします。

csv2021_individuals-families_j_01
栄養ガイド表示(カロリーガイド表示):栄養素の1食分当たりの量とそれが摂取目安に対して占める割合(%)をアイコン化し、わかりやすく表示しています。