Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

個人と家族のために

さらに健康で幸せな生活を実現します

消費者の食習慣は変わりつつあります。こうしたニーズの変化に合わせて、ネスレは製品をさらに栄養のある、より自然なものに改善しています。また、親や保護者の皆さまをサポートするサービスも実施しています。原動力であるNestlé for Healthier Kids(「ネスレ ヘルシーキッズ」)はネスレの旗艦イニシアチブです。2030年までに5,000万人の子どもたちがさらに健康な生活を送れるよう支援します。
ネスレ日本は共通価値の創造を推進するにあたり、日本社会が抱えるさまざまな問題の解決を第一に考え、少人数世帯の増加、地域コミュニティの減少、そして職場でのコミュニケーションの希薄化といった問題に取り組んでいます。

「ネスカフェ アンバサダー」

csv2019_commitments_J_01
職場で会話や笑顔を広げる「ネスカフェ アンバサダー」

家庭用コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」を、家庭だけでなくオフィスでも活用していただくために、2012年11月に「ネスカフェ アンバサダー」の募集を開始しました。経済性や利便性に加え、一杯のコーヒーを起点に会話や笑顔を広げる“オフィス内コミュニケーションの活性化”といったベネフィットが受け入れられ、応募者は45万人(2019年3月現在)を突破しています。

csv2019_commitments_J_02
「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」
簡単なボタン操作だけで多彩なカフェメニューが楽しめます。

「こうべ 元気! いきいき!! プロジェクト」

csv2019_commitments_J_03
「ネスカフェ」を楽しみながら語らう集いの場「介護予防カフェ」

2013年、兵庫県神戸市とネスレ日本は、「こうべ 元気! いきいき!! プロジェクト」の連携協定を締結しました。栄養や健康に関するノウハウを活かし、高齢者の生活の質の向上に貢献しています。取り組みの一つである「介護予防カフェ」に「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」などを提供し、「ネスカフェ」を楽しみながら語らう集いの場づくりを応援しています。すでに神戸市内の76カ所(2019年3月現在)で立ち上がり、地域コミュニティの活性化に貢献しています。

「ネスレ ヘルシーキッズ」

csv2019_commitments_J_04
世界司厨士協会連盟が毎年実施する「インターナショナルシェフズデー」にネスレは世界各国で協力しています。2018年、日本では、東京都内の小学校で特別授業を実施しました。

幼い頃に、栄養・健康・ウェルネスに関する知識と実践する力を身につけることは、生涯を通じた財産となります。ネスレがグローバルで推進する旗艦イニシアチブ「ネスレ ヘルシーキッズ」は、胎児期から青年期の重要な時期に、親や保護者を啓発し、支援することを目指しています。
日本でのプログラム開始から累計すると、のべ約10,000校の小学校から申し込みがあり、約1 7 5 万人の児童に教材を提供しました。
ネスレ日本では2018年から従来の「ネスレヘルシーキッズ」を子どもだけでなく、保護者や高齢者にも拡大し、地域コミュニティの活性化を推進する地方自治体や団体と取り組んでいます。

製品パッケージ上の栄養情報表示

csv2019_commitments_J_05
栄養ガイド表示(カロリーガイド表示):生活習慣病のリスク上昇に関連する、脂質、飽和脂肪酸、糖類や食塩といった栄養素の1食分当たりの量とそれが摂取目安に対して占める割合(%)をアイコン化し、わかりやすく表示しています。
(例:「キットカット ミニ 14枚入り」の「栄養ガイド表示」)

ネスレは、おいしく健康的な製品やサービスをお届けすることで、消費者の皆さまやご家族の皆さまが、さらに健康で幸せな生活を実現できるよう支援しています。消費者の皆さまが正しい情報を得た上で製品を選択(インフォームドチョイス)できるよう、原材料、栄養面の利点、健康情報、ポーションサイズ(1食当たりの量)などを、ネスレ製品のパッケージで表示しています。

ネスレ ヘルスサイエンス

csv2019_commitments_J_06

高齢化や慢性疾患の増加を背景とした医療費の高騰が、大きな社会問題となっています。投薬や手術に頼りすぎた医療システムは持続可能とは言えず、大きな発想の転換が求められています。一方で、近年の栄養と健康に関する科学の発展はめざましく、この分野では世界中の研究者が日々新たな発見をしています。
日本では、30年以上の歴史がある栄養補助食品を全国1万軒以上の医療機関・介護施設や、在宅医療の現場でご利用いただいています。
また、全国の大学や医療施設との共同研究や各種学会での研究成果発表を通じて、日本の栄養療法の発展にも貢献しています。

csv2019_commitments_J_07
「ネコのバス」
ネスレ ピュリナ ペットケアは、保護された猫(保護猫)のためにバス車両を全面的に改装した「ネコのバス」を活用して、保護猫の譲渡会を実施しています。

数字でわかる

  1. 「ネスカフェ アンバサダー」の応募者は45万人を突破しました。(2019年3月現在)
  2. 「介護予防カフェ」は神戸市内でこれまでに76ケ所立ち上がりました。(2019年3月現在)
  3. 2018年、従来の「ネスレ ヘルシーキッズ」の対象を地域コミュニティ(子ども、保護者、高齢者)に拡大しました。