地球のために(日本での取り組み)

未来の地球のために資源と環境を守ります

製品パッケージの改善

csv2021_individuals-families_j_01

ネスレは包装材料を2025年までに100%リサイクル(再生利用)もしくはリユース(再使用)可能にするというコミットメントを発表しました。日本においても「ネスカフェ」や「キットカット」等の製品パッケージの環境パフォーマンスの改善に取り組んでいます。
2019年から始めた「キットカット」大袋製品の外袋素材をプラスチックから紙に変更する取り組みは、2020年にはほぼすべての「キットカット」大袋製品へと拡大、取り組み開始以来累積420トン(2020年末時点)のプラスチックを削減しました。
2020年10月、この「キットカット」大袋タイプ製品の外袋を紙パッケージ化する取り組みにより、公益社団法人日本包装技術協会が主催する「第44回木下賞 包装技術賞」を受賞しました。

また、「ネスカフェ エコ&システムパック」では、2008年の発売以降、継続的にパッケージ素材の改良に取り組んでいます。

csv2021_individuals-families_j_01

さらに2021年1月には、ネスレ ヘルスサイエンス「アイソカル」製品のストローの材質を業界で初めてプラスチックから紙に変更しました。紙ストロー採用により、年間5.5トンのプラスチック削減効果を見込んでいます。

csv2021_individuals-families_j_01

サーキュラーエコノミー構築に向けて

廃棄物の削減を目指して、サーキュラーエコノミーの構築に向けた取り組みを進めています。
2020年3月、神戸市と共同でプラスチックごみ削減を啓発するため、対象のネスレ商品の空きパッケージ回収にご協力いただいた方へ、KOBEエコアクション応援アプリ「イイことぐるぐる」でポイントを付与する全国初の試みを神戸市内のイオンとダイエー、計2店舗で実施しました。

csv2021_individuals-families_j_01
ネスレ製品パッケージの店頭回収ボックス

2020年8月には、ネスレネスプレッソによる使用済みネスプレッソカプセルの店頭回収を開始し、カプセルの主要素材であるアルミとコーヒーかすのリサイクルに取り組んでいます。

また、「nesQino(ネスキーノ)」でも、製品の使用済みサッシェ(袋)の回収を進めています。

csv2021_individuals-families_j_01

行動変革を推進する

廃棄物のない未来の形成には、私たち一人ひとりの意識を変えることが必要と考えています。#NescafeOurPlanetプロジェクトでは、JAXAとのコラボレーションで地球環境を考える共同プロジェクトを開始しました。
また、「キットカット」の外袋パッケージの紙化をきっかけに、Youtubeで環境について啓発する動画プロジェクト#キットずっとプロジェクトも実施しています。加えて、2020年には各地の小中高等学校等を対象に、プラスチックごみ問題を考える授業を実施しました。

csv2021_individuals-families_j_01

物流の効率化

ネスレ日本は、トラック輸送と比較して環境負荷が少ないモーダルシフト(大量輸送できる鉄道輸送と海運輸送への転換)を推進しています。地球温暖化の原因の1つとされる二酸化炭素の排出量において、鉄道輸送はトラック輸送の約13分の1、また、船舶輸送は約6分の1とされています。
2020年にはJR貨物および全国通運との共同プロジェクトとして、新潟県からの米の物流に使用する空コンテナを有効利用した新たな取り組みを開始しました。従来は米の収穫時期に合わせて空のコンテナを新潟貨物ターミナル駅に手配していたところ、空コンテナにネスレ製品を積み込んで新潟貨物ターミナル駅に輸送することで、効率的な物流網を構築することが実現できました。
この取り組みにより、トラックによる物流と比較して年間21トン(2020年)のCO2を削減しました。

csv2021_individuals-families_j_01

国内3工場で焼却・埋立廃棄物ゼロ

2016年、国内の全3工場が焼却・埋立廃棄物ゼロを初めて達成、現在も継続しています。島田工場(静岡県)と姫路工場(兵庫県)では、コーヒー抽出工程で排出されるコーヒーかすのほぼ100%を燃料として再利用し、その燃焼エネルギーで発生した蒸気を工場の熱源として利用しています。また、島田工場は、2010年から、製造過程で発生するコーヒーかすの一部を培養土にリサイクルする活動も続けています。
「キットカット」を製造する霞ヶ浦工場(茨城県)は食品残さの全量飼料化に取り組んでおり、包装工程後に、チョコレートと包装材料を分離する機械を導入、分別と資源活用を効率化しています。

csv2021_individuals-families_j_01
「姫路工場:コーヒーかす熱エネルギー回収システム