抹茶は、緑茶の約2倍のポリフェノール(茶カテキン)

*飲用時の比較(ネスレ調べ)

抹茶は、普通の緑茶とどう違うかご存じですか?

同じ緑茶でも、煎茶は日光を当てて育てる露天栽培に対し、一般的な抹茶は、新芽の生育中に一定期間光をさえぎった被覆栽培で育てられます。
さらに、煎茶は茶殻に成分が残ってしまいますが、抹茶は被覆栽培による、うま味の強い茶葉を丸ごと、美味しく摂れます。
茶葉に含まれる成分のうち、活性酸素とたたかうチカラが強いと注目されているのが、ポリフェノール(茶カテキン)です。

日本人のポリフェノール摂取量
実は、理想的といわれる量よりも少ないんです

matcha_polyphenol_01

一般的に理想的と言われているポリフェノールの1日摂取量の目安は1日1,000~1,500mg以上ですが、調査によると、日本人の平均的なポリフェノール摂取量はこれより少ないという状況です。
そこで、少しでも不足分を補い、理想的な状態に近づけるために、1日1~3杯の抹茶をお勧めします。

グラフでわかる。
抹茶には、緑茶の約2倍のポリフェノール(茶カテキン)

matcha_polyphenol_02

抹茶はポリフェノール(茶カテキン)たっぷり。1日1〜2杯で理想的な毎日に。