ネスレが影響を与える分野とコミットメント

ネスレは、生活の質を高め、さらに健康な未来づくりに貢献します

 生活の質を高め、さらに健康な未来づくりに貢献します、という存在意義に動機付けられたネスレの2030年に向けた長期的な目標は、国際連合の持続可能な開発のための2030アジェンダに合致しています。

影響を重視

 ネスレは、私たちが皆、相互につながり合った世界の中で生きており、私たちの未来は分かちがたく結び付いていると認識しています。このため、3つの主な影響分野におけるネスレの取り組みは、41のコミットメントによって支えられています。その多くは、取り組みの狙いを2030年に向けた3つの長期的な目標の達成に定めています。ネスレは、17項目の持続可能な開発目標(SDGs)の策定を支援し、多くの同様の企業とともに、目標の実現に向けて貢献しています。

長期的な目標に向けた取り組み

 私たちは、持続可能な開発目標(SDGs)をネスレの共通価値の創造のアプローチに取り入れています。2017年には、2030年に向けた長期的な目標の達成と、17項目のSDGsへの貢献に向けて成長を推進していくため、さらに歩みを進めました。例えば、Nestlé for Healthier Kids プログラムの強化、Nestlé needs YOUth の取り組みの拡張、水資源の責任ある管理活動の拡大などです。

個人と家族のために

さらに健康で幸せな生活を実現します

 食品は栄養源であるだけでなく、家族や友人同士の結び付きを強めてくれます。食はあらゆる文化の一部です。しかし、食品は、公衆の健康に関する最大の課題の一つでもあります。肥満が1980年から倍増する一方、何百万人もの人々が飢餓や栄養不良に苦しんでいます。ネスレは、さらにおいしく健康的な製品やサービス、さらに健康的な生活を奨励する情報提供プログラム、そして何百万人もの子どもたちが望ましい食習慣を身に付け運動を楽しめる活動などを通じて、個人や家族を支援します。

2030年に向けた長期的な目標:5,000万人の子どもがさらに健康な生活を送れるよう支援します

関連する共通価値の創造影響分野

– 栄養

子どもの健康改善を目指す取り組み

 ネスレは、さらに健康的な製品を提供し、家族の飲食習慣の改善と運動の増加を支援することにより、人々の生活の質を高め、さらに健康な未来づくりに貢献します。親や保護者の支援を目的としたネスレのすべての取り組みを統合したプログラム、Nestlé for Healthier Kids を立ち上げました。このプログラムには、研究、製品開発、教育(啓発)、そしてライフスタイルに関するサービスなどが含まれます。

持続可能な開発目標(SDGs)の支援

貧困をなくそう
飢餓をゼロに
すべての人に健康と福祉を
質の高い教育をみんなに
ジェンダー平等を実現しよう
人や国の不平等をなくそう
つくる責任 つかう責任
気候変動に具体的な対策を
海の豊かさを守ろう
陸の豊かさも守ろう
パートナーシップで目標を達成しよう
コミュニティのために

困難に負けない活力あるコミュニティを育成します

 世界では12億人の人々が極度の貧困状態で生活しており、その多くは農村地域に住み、農業に依存しています。ネスレの長期的な目標は、生活の向上を支援し、活力あるコミュニティを育成することです。世界各国に拠点を置くネスレは、収入の向上、教育の促進、人権の尊重、女性や若者の支援を通じて、農村開発の改善に取り組むことができます。

2030年に向けた長期的な目標:ネスレの事業活動に直結するコミュニティに暮らす3,000万人の生活向上

関連する共通価値の創造影響分野

– 農村開発
– 人材、人権とコンプライアンス

若者の支援

 ネスレの若者のためのグローバルイニチアチブNestlé needs YOUth に関する長期的な目標は、2030年までに世界の1,000万人の若者が経済的機会を得られるように支援することです。このグローバルイニシアチブは、世界中の若者を支援するネスレとそのパートナーのすべての活動を統合し、整理したものです。

持続可能な開発目標(SDGs)の支援

貧困をなくそう
すべての人に健康と福祉を
質の高い教育をみんなに
ジェンダー平等を実現しよう
働きがいも経済成長も
人や国の不平等をなくそう
つくる責任 つかう責任
平和と公正をすべての人に
パートナーシップで目標を達成しよう
地球のために

未来の世代のために資源を守ります

 天然資源はますます制約されています。生物多様性が急速に損なわれ、森林消失は依然として進んでいます。水もますます不足する傾向にあり、しかも、気候変動によって私たちが現在直面する課題がことごとく悪化することが予想されます。さらには、毎年生産された食品の3分の1が食品ロスとなるか、廃棄されています。持続可能な成長のためには、地球の資源を賢く利用し、ネスレの世界的な影響力を活かしてプラスの変化をもたらさなくてはなりません。

2030年に向けた長期的な目標:ネスレの事業活動における環境負荷ゼロを目指す取り組み

関連する共通価値の創造影響分野

– 水
– 環境サステナビリティ

環境パフォーマンスの改善

 私たちは、ネスレのバリューチェーン全体で温室効果ガス(GHG)をさらに削減することで、気候変動対策を実行します。製品1トンあたりの取水量の削減と、安全な水と公衆衛生の利用機会の拡大を引き続き支援します。廃棄物削減も優先課題であり、可能な限りリユースやリサイクルをします。また、ネスレとともに働く農業従事者が持続可能な活動を導入できるように支援します。

持続可能な開発目標(SDGs)の支援

貧困をなくそう
飢餓をゼロに
すべての人に健康と福祉を
安全な水とトイレを世界中に
エネルギーをみんなに そしてクリーンに
産業と技術革新の基盤をつくろう
住み続けられるまちづくりを
つくる責任 つかう責任
気候変動に具体的な対策を
海の豊かさを守ろう
陸の豊かさも守ろう
パートナーシップで目標を達成しよう