Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

サプライチェーン/調達

サプライ・チェーン・マネジメント(SCM)部門は、マーケティング、営業、生産の各部門との密接な連携によって、需要・供給計画の立案と、供給業務を担っています。具体的な活動としては、現実的な計画を立案し、原材料の仕入れ、海外ネスレグループからの輸入による製品・原材料の調達、工場や輸入倉庫から配送センターへの製品の補充業務、及び顧客からの受注と出荷業務などを行っています。また、世界を対象としたグローバル購買チームとも連携が求められ、国内の緻密な物流の対応のみならず、グローバルな視点での対応の2つの要件が求められます。 

SCMの活動は、全身に血液を送る動脈のようなもので、計画の立案から各供給業務のどこか一箇所でも滞ると、会社のビジネスに大きな支障をきたします。その為、SCMの安定した活動をネスレではコア・コンピタンスと位置付け、競合の中での優位性(消費者の要求を満たすこと)をSCMによって確保することとしています。

榎本 恵
世界中に刺激し合える同僚がいる。 工場で出来上がった製品や輸入品の製品在庫を全国各地の需要に応じて、必要な時に必要な量、必要な場所に最適なコストで在庫配置する業務を行っています。多様化する顧客や販売チャネル、めまぐるしく変わる市場環境に迅速に対応しながら、消費者が必要とする時に商品が確実に手に入るよう供給を行います。 続きはこちらをクリック 榎本 恵