Sort results by
Sort results by

ネスレ S.A. 2022年第一四半期の売上を発表

プレスリリース一覧へ戻る
ヴェヴェー,
  • オーガニックグロースは7.6%。内訳は実質内部成長率が2.4%、プライシングが5.2%。成長はほとんどの地域とカテゴリーに渡って幅広く、プライシングも上昇。小売販売に引き続き勢いがあり、家庭外チャネルもさらに回復。
  • 総売上は5.4%増の222億スイスフラン(2021年第一四半期は211億スイスフラン)。為替変動による売上減少は0.8%。事業売却は1.3%の売上減少要因。
  • ポートフォリオ管理は順調な進捗。ネスレ ヘルスサイエンスは4月、プラントベース(植物由来)栄養のリーダー企業であるOrgainの株式の過半数の取得を完了。
  • 2022年通年の見通しを確認:オーガニックグロースは約5%、基礎となる資産ベースの営業利益率は17.0%から17.5%の間になると予測。為替変動を除いた基礎となる資産ベースでの一株当たり利益と資本効率は高まる見通し。
 

ネスレS.A. CEO マーク・シュナイダーのコメント:

「本年の最初の数ヶ月、ウクライナでの戦争が言葉には表せないほどの苦しみを人々にもたらしてきました。私たちは引き続き現地の社員を支援し、人道的な救援の提供に焦点を当ててまいります。同時に国際社会の平和を求める声に賛同します。

このような厳しい環境のなか、ネスレは粘り強い実質内部成長で、堅調なオーガニックグロースを実現しました。責任ある形でプライシングを伸長させ、消費者需要を維持しました。急激なコスト高騰が続いており、本年中にさらなるプライシングと影響の緩和のための対策が必要となります。ネスレのチームはこれらの逆風に立ち向かい、迅速性と決意を持って、私たちの長期的戦略とサステナビリティの目標に向けて歩みを進めました。本年の見通しを確認しています。」