ネスレS.A. 2021年第1四半期の売上を発表

 
プレスリリース一覧へ戻る
ヴェヴェー,
  • オーガニックグロースは7.7%で、内訳は実質内部成長率6.4%とプライシング1.2%。広範な地域にわたる成長は、家庭外チャネルの回復の兆し、プライシングの改善、およびマーケットシェアの伸長が下支え。
  • スイスフランが引き続きほとんどの通貨に対して値上がりしたため、為替変動による売上減少は5.3%。事業買収と売却との相殺で1.0%の売上減少。結果として売上は1.3%増の211億スイスフラン(2020年第1四半期は208億スイスフラン)。
  • ポートフォリオ管理の進捗は順調。米国とカナダの地域湧水ウォーターブランド、ピュリファイド(純水)ウォーター事業、および飲料配達サービスの売却は2021年3月31日に完了。EssentiaWaterの買収は2021年3月5日に完了。
  • 2021年見通しの再確認:オーガニックグロースは一桁台半ばの成長率に向けて引き続き伸長。基礎となる資産ベースの営業利益率は引き続き緩やかに改善。為替変動を除いた基礎となる資産ベースでの一株当たり利益と資本効率は高まる見通し。
 

ネスレCEO マーク・シュナイダーのコメント:
「ほとんどの地域と製品カテゴリーからの広範囲にわたる貢献によって、ネスレの第1四半期のオーガニックグロースは力強いものとなり、うれしく思っています。この成長は確実な計画実行、デジタル能力の強化、および迅速なイノベーションによりもたらされ、さらなるマーケットシェア拡大という結果に繋がりました。小売の販売は堅調に伸び、家庭外チャネルも回復の兆しを示しました。私たちは本年の見通しと持続的な一桁台半ばのオーガニックグロースに向けた中期見通しを再確認いたします。
新型コロナウイルス ワクチンの開発は世界に希望をもたらしました。ネスレは事業を展開しているコミュニティにおいてワクチンが幅広く公平にいきわたるよう支援しています。国際赤十字・赤新月社連盟との提携のもと、ワクチンが最も必要としている人々に届くよう助力しています。このような試練の時こそ、企業が真の意味で社会をより良くする力となることを証明できるのです。より速やかな回復を目指して支援していきます。」

英文プレスリリース(Nestlé reports three-month sales for 2021)