「ネスカフェ」 世界のトップ 100 メガブランドで 3 位

3 8, 2019

世界をリードするコーヒーブランド「ネスカフェ」は、トップ 100 メガブランドで 3 位、ホットドリンク分野で首位となりました。全体でのランキングは、昨年の4位から上昇しました。

世界的な調査会社、ユーロモニターインターナショナルは、世界トップクラスの食品・日用品ブランドを小売売上高で比較、上位 100 メガブランドを発表しました。

ユーロモニターは、2017 年、「ネスカフェ」の小売の総売上高は 100〜150 億米ドル、アジア太平洋地域が「ネスカフェ」の小売売上で最大と報告しています。日本は、消費者のライフスタイル、そして幅広い包装形態のコーヒー(瓶、詰め替え用カートリッジ、スティック)の普及により、ホットドリンク売上で引き続き上位を占めています。

「ネスカフェ」は、継続的な製品イノベーションにより、アジア太平洋地域全域で高いロイヤリティを獲得しています。昨年、ネスレは Nescafé Gold を刷新、9 月には日本で「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」の新モデル「シンプル」を導入しました。

他に類のない、歴史ある世界初のソリュブルコーヒー「ネスカフェ」は 80 年前に発売されました。190 カ国で販売されており、世界での普及率は 4 分の 1 です。「ネスカフェ」ブランドは新しいトレンドをとらえ続けており、それを変化するニーズや嗜好と結びつけています。「ネスカフェ」には、さまざまな分野(ブレンド種類、コーヒーミックス、RTD)で幅広い製品ラインナップがあります。