コミュニティのために

コミュニティのために

若者をバーチャル教育で支援する

新型コロナウイルス感染症の世界的流行の影響により失業率が上昇し、若者は最も大きな打撃を受けていますが、経済回復には若者の力こそが必要です。こうした状況を受けて、ネスレは世界規模の若年層向けの取り組みNestlé needs YOUthを拡大し、複数の地域でバーチャル インターンシッププログラムを新たに開始しました。
このプログラムでは、LinkedIn、オンライン講座を運営するCoursera、Miriadaxが連携して開発したコースに参加することで、若者は雇用適性を高めることができます。これらのコースは、高等教育を終えて就職を目指す若者の支援を目的としています。参加者は世界の一流エキスパートによる指導も受けられます。

csv2020_communities_01
Nestlé needs YOUthのオンライン教育を拡大し、雇用適性の向上につなげています

生活を維持できる収入を提供する

すべての農業従事者は生活を維持できる収入を得られなければならないと私たちは考えています。ネスレが新たに立ち上げたHousehold Income Accelerator Project(世帯収入向上プロジェクト)は、カカオ農家の変革を推進しています。
2020年8月に開始されたこのプロジェクトの試験運用計画には、1,000人の農業従事者が参加しています。適切な農業慣行を導入し社会や環境にプラスの成果を実現、緑陰樹(シェードツリー)を植樹、また児童労働対策を実施した参加者には、それぞれ奨励金を支給します。プロジェクトの進捗状況を厳しく検証し、経緯と結果を公表する予定です。

csv2020_communities_01
農業コミュニティの持続可能な未来に投資しています

農業従事者を紹介する

一杯の「ネスカフェ」を支えるのは、何千人もの献身的なコーヒー栽培者です。ネスレのコーヒー製品を支える人々の顔と名前を、消費者の皆さまに知っていただきたいとネスレは考えています。
そこで2020年に、コーヒー栽培者の素晴らしい仕事に敬意を表するマルチメディアキャンペーンを立ち上げ、パッケージ上の写真掲載、店頭用ポスター、看板広告、SNS投稿を通じて生産者の皆さんを紹介しました。コーヒーを楽しむお客さまに「ネスカフェ」の生産を支える農家を身近に感じていただきたいと企画したこのキャンペーンは、総計900万件を超えるインプレッションを獲得しました。

csv2020_communities_01
消費者とコーヒー栽培者をつないでいます