品質と安全性

お客さまへのコミットメント(約束)

消費者のための品質と安全性は、ネスレの最優先事項です。これは、食品、飲料からすべてのシステムとサービスに至るまで、ポートフォリオ全体に適用されています。

ネスレ製品を製造するクリーンな包装ライン
ネスレ製品を製造するクリーンな包装ライン

品質保証と製品の安全性は、私たちのすべての活動の基盤となる『ネスレの経営に関する諸原則』の一つです。

『ネスレ品質方針』(Nestlé Quality Policy)

ネスレの品質と食品安全を保証する活動は、『ネスレ品質方針(pdf.2.6Mb) (英語版) 』に基づくものです。この『ネスレ品質方針』には、私たちの以下に対するコミットメントが記されています。

  • お客さまの期待と嗜好に合う製品やサービスを提供することによって信頼を築く
  • 社内外のすべての食品安全、規制、品質の要求事項に従う
  • 全社員が不良ゼロ、廃棄物ゼロの姿勢を持つ
  • 品質をネスレグループ全体の目標とする

「ネスレ品質マネジメントシステム」

「ネスレ品質マネジメントシステム」は、食品安全を保証、品質基準を順守し、そしてお客さまにとっての価値を創造するために、ネスレがグローバルで使用しているプラットフォームです。ネスレ独自の「ネスレ品質マネジメントシステム」は、社内基準、ISO基準、法律と規制要件に適合していることを証明するために、独立した認証機関によって監査および検証されています。

食材を準備するネスレのシェフ
食材を準備するネスレのシェフ

農場から食卓まで
「ネスレ品質マネジメントシステム」は農場から始まります。ネスレは農村地域の農業従事者と協力して農産物の品質を向上させ、環境面で持続可能な農業の方法を採用してきた長年の実績があります。

「ネスレ品質マネジメントシステム」は、高品質な原材料の継続的な供給を保証するだけではありません。農業従事者の収入を守り、さらに収入を増やすことができます。その結果として、その結果、農村地域全体の生活水準が向上することもよくあります。このシステムは、重要な世界規模の環境、社会問題への取り組みに役立ちます。

クオリティ バイ デザイン
品質は、お客さまの要求に準じて、またすべての食品安全と規制要件に従って、製品の開発段階で組み込まれます。ネスレのR&Dネットワークは、すべての製品にこの「クオリティ バイ デザイン」の考え方を適用しています。

優れた製造管理
ネスレは、品質と食品安全を保証するために、国際的に認められている『適正製造基準(GMP)』を適用しています。GMPは、標準的な作業手順、社員管理とトレーニング、設備のメンテナンス、原料の取り扱いなど、製造のあらゆる面をカバーしています。

ネスレ製品が清潔な工場で製造されていることを保証します。
ネスレ製品が清潔な工場で製造されていることを保証します。

HACCP(危害分析・重要管理点)
ネスレは、食品安全を保証するために、国際的に認められたHACCP(危害分析・重要管理点方式)のシステムを採用しています。この予防的かつ科学的なシステムは、食品安全に関する重要な危害を特定、評価して管理し、原料から流通、消費まで食品製造の工程すべてをカバーしています。ネスレのHACCPプランとシステムは、国際的なISO 22000:2005/ISO 22002-1基準に照らして、外部認証機関により検証されています。

お客さまの利用
ネスレ製品には、お客さまにとって最高レベルの品質で、製品を安全に使用するための情報が記載されています。

世界各地にあるネスレのお客さま相談サービスの組織は、お客さまからのあらゆる質問、問い合わせ、また懸念事項に直ちに対応しています。すべてのネスレ製品のラベルで、お客さまの声をお寄せいただくようお願いしており、住所や電話番号を記載しています。