共通価値の創造を基盤として

 未来に向けて、共通価値の創造はネスレの事業活動の指針となる基本的な原則であり続けます。
  共通価値の創造は、株主の皆さまと社会に価値を創出するためにネスレがとるあらゆる行動を運用し、管理するために用いる戦略ツールです。これが、生活の質を高め、さらに健康な未来づくりに貢献しますというネスレの存在意義を実現する方法です。

 ネスレの注力分野は、私たちの存在意義に深く根差しています。個人と家族、コミュニティ、そして地球全体は相互につながっており、各注力分野におけるネスレの取り組みは、42の具体的なコミットメントによって支えられています。今回、これらのコミットメントの大部分が見直され、2020年に向けた目標として再設定されました。これらのコミットメントに取り組むことで、2030年に向けたネスレの長期的な目標を、「持続可能な開発目標(SDGs)」の時間軸に沿って実現することができるのです。

 存在意義と計画によって、株主の皆さまと社会全体に価値を創造することで事業が長期的に成功するというネスレの基本的な信念を貫きながら、共通価値の創造をさらに一歩進めることができます。ネスレが社会に与えるプラスの影響は、個人と家族のさらに健康で幸せな生活の実現、困難に負けない活力のあるコミュニティの育成、そして、水の保全を特に念頭に置き、未来の世代のために地球の天然資源を守ることに焦点を合わせています。

 ネスレの歴史が新たな時代に入ろうとしている中、私たちはネスレの事業手段としての共通価値の創造へのアプローチを引き続き発展させるとともに、共通価値の創造という考え方を私たちのあらゆる活動、方針と行動に引き続き浸透させていきます。

 また、株主の皆さまと社会全体に最大価値を創造できる重要分野の優先順位づけと、透明性のある進捗報告も継続していきます。進捗状況については、主要指標におけるネスレの評価からも追うことができます。

共通価値の創造 

グローバルアジェンダへのネスレの貢献

 ネスレでは、共通価値の創造における課題を、国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と密接に位置付けています。民間部門も、17項目の「持続可能な開発目標(SDGs)」の策定に参加する機会を得たことで、目標の実現に向けて責任を負うことになりました。

 SDGsを共通価値の創造アプローチに統合したことにより、ネスレが最も多くの価値を生み出すことができる目標を特定できるようになりました。この目的のため、ネスレの重要課題をSDGsと対応して図表化しました。この図はオンライン版の共通価値の創造報告書で公表されています。

 生活の質を高め、さらに健康な未来づくりに貢献しますという存在意義に動機付けられ、ネスレは2020年コミットメントの達成とSDGsの達成支援に向けた取り組みの指針となる以下の3つの包括的で長期的な目標を設定しました。

  • さらに健康で幸せな生活を実現させる:5,000万人の子どもたちがさらに健康な生活を送れるようにするための支援など
  • 困難に負けない、活力のあるコミュニティを育成する:ネスレの事業活動に直結するコミュニティに暮らす3,000万人の生活向上の支援など
  • 未来の世代のために資源を守る:ネスレの事業活動における環境負荷ゼロを目指す取り組みなど

 これらの長期的な目標は、私たちは皆、相互につながり合った世界の中で生きており、私たちの未来は分かちがたく結びついているという認識から生まれています。

 私たちはネスレの事業規模を活用して、これらの長期的な目標の実現を目指します。しかし、SDGsの達成は、地方レベル、国レベルおよび国際レベルでのさらに効果的でダイナミックな協力関係がなければ実現できません。ネスレは自らの役割を果たすよう努力するとともに、他の組織にもこの共同の取り組みに参加するよう促していきます。市民社会、各国政府その他の方々と力を合わせ、実現を目指します。



主要指標の2016年のパフォーマンス

業界初

ネスレは、母乳代替品メーカーとして初めてFTSE4Good(フィッチフォーグッド)指標に登録され、5年連続でその地位を維持しています。

第2位

ネスレは、2016年の栄養へのアクセス指標(ATNI)において、世界的な食品飲料メーカー22社のうち第2位にランクされました。

第1位

2016年のダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)で、ネスレは、総合スコアで100点中92点の評価を受け、3つの側面(経済、環境、社会)すべてで業界第1位でした。DJSIは、世界の上位2,500社のパフォーマンスを評価する世界的に認められた独立指標です。

第5位

ネスレは、経済誌『フォーチュン』が、「善いことをして良い業績を残す」企業50社を毎年発表する「世界を変える企業(Change theWorld)」ランキングで、2016年、第5位にランクされました。

A-

2016年10月、ネスレは、CDPウォータープログラムで‘リーダーシップ’レベルのスコアA-の評価を受けました。

100A

2016年11月、ネスレは、環境サステナビリティに関する格付機関CDPが発表する気候変動情報開示リーダーシップ・インデックスにおいて、100Aの評価を受けました。

第2位

ネスレは、NGOオックスファムによる「ビハインド・ザ・ブランド」の2016年4月の得点表で、第2位にランクされました。