ネスレの歩み

アンリ・ネスレによる創業の時から

アンリ・ネスレ
アンリ・ネスレ
(1814-1890)

「良質で純粋な原料から作られ、しかも長期保存ができるミルクを人々は求めている」。そのニーズに応えるために、1866年にアングロ・スイス煉乳会社が設立され、ヨーロッパで初の煉乳生産をスタートさせました。
その一方で、スイス・ヴェヴェーの地に、栄養不足による乳幼児の死亡率の高さに心を痛める青年がいました。
アンリ・ネスレです。
そして、「母乳の代替食品を」と研究を重ね、1867年、安全で栄養価の高い新しい乳児用乳製品を開発し、それを製造販売する会社を創業しました。
この両社の優れた製品をより広い地域で、より多くの人々へ届けたいという思いは同じで、1905年にこの両社が合併し、ネスレ・アングロ・スイス煉乳会社が設立されました。

その8年後の1913(大正2)年、ネスレ・アングロ・スイス煉乳会社は横浜に日本支店を開設し、煉乳やミルクフードなどのネスレ製品の営業活動を開始しました。1922年には日本支店を神戸に移転。1961年のコーヒー輸入自由化を前に、「ネスカフェ」の国内生産工場の建設に着手し、また、日本のネスレで初となる「ぼく、ネスカフェです」というテレビコマーシャルを放映しました。以来、40年以上もの間「ネスカフェ」のある生活を消費者の皆さまへ提案し続けてきています。現在は、コーヒー、食品、栄養補助食品、チョコレート、ペットケア製品など世界で展開するさまざまなネスレブランドの高品質な製品群を日本の消費者の皆さまへ提供しています。

世界で、そして日本で販売されているすべてのネスレ製品につけられている母鳥がひなを見守る姿-これは、アンリ・ネスレが考案し、現在も受け継がれるネスレの鳥の巣マークです。子供をはぐくむ母の愛を描いたものとして、乳児用乳製品に初めて冠されました。高い社会的使命に裏付けられたこのマークは、今もネスレ社員の間に脈々と生き続けるその精神の象徴です。

グローバル企業ネスレ