ネスレ日本、川崎近海汽船、日本気象協会 気象予報を活用した海運により日本のモーダルシフトを3社で推進することに合意

一覧へ神戸,12 11, 2015

ネスレ日本株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長兼CEO:高岡 浩三、以下「ネスレ日本」)と川崎近海汽船株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石井 繁礼、以下「川崎近海汽船」)、一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野 克彦、以下「日本気象協会」)の3社は、それぞれの会社が持つ特性を活かして、日本でのモーダルシフト(注1)を推進し、省エネルギーの実現や物流分野において将来懸念されるトラックドライバーなどの人手不足への対応を進めていくことに合意しました。なお、本取り組みは経済産業省の平成27年度の「次世代物流システム構築事業費補助金」の採択事業の一環で行っています。

注1:モーダルシフトとは、二酸化炭素排出量の削減や物流の効率化などの観点から、自動車(トラック)から貨物鉄道や海運へ輸送手段を転換することです。

プレスリリースの全文はこちらをご覧ください。