多様なニーズに対応・サポートする社内託児コミュニティスペース「ネスレキッズルーム」を神戸本社内に開設

一覧へ神戸,4 15, 2014

ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役社長兼CEO:高岡 浩三、以下「ネスレ日本」)は、ダイバーシティ推進の一環として、育児中の社員のサポートのために神戸市中央区のネスレ日本
本社内に、一時預かり専用の企業内託児ルーム「ネスレキッズルーム」を開設し、2014年4月15日より運営を開始します。託児としての用途はもちろん、多様な働き方をサポートするコミュニティスペースとしても活用していきます。

ネスレ日本は、社員がワークライフバランスを保ちながら、能力を伸ばし、各自の多様性を発揮しながら意欲的に働ける環境の整備に取り組んでおり、多様な社員の、多様な働き方をサポートすることが会社の成長のためには不可欠であると考えています。仕事と家庭の両立のため、出産・育児に対するサポートの充実に特に注力しており、これまで霞ヶ浦工場内に保育施設を開設、男女問わず社員には有給の育児休業を10日間付与、などの施策を実施してまいりました。

さらなるサポートを進めるうえで、神戸本社で勤務する社員にヒアリングを行ったところ、育児の面で、『いつもの預け先が休みの時は困る』、『仕事に集中したい日に、お迎えがあると途中で切り上げざるを得ない』などの声があがりました。
これに対応するべく、ベビーシッター、家事代行を行う株式会社マザーネット(以下、マザーネット)の協力を得て、フレキシブルなニーズにも対応できるベビーシッター派遣の仕組みを整え、この度運営を開始します。マザーネットが企業のオフィスにベビーシッターを日常的に派遣するのは、ネスレ日本が初めてです。

また、本施設を単なる託児施設にとどめることなく、復職前の女性社員に向けての研修を行ったり、妊娠中もしくは育児中の社員を集めてコミュニケーションを深めるコミュニティの場として使用したりと、社員同士が助け合うコミュニティの場として活用することも予定しています。

プレスリリースの全文はこちらをご覧ください。