「ネスレシアター on YouTube」累計再生回数が200万回突破!

一覧へ神戸,12 12, 2013

ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO:高岡 浩三、以下「ネスレ」)が11月14日より展開している「ネスレシアター on YouTube」は著名な映画監督が制作したオリジナル作品とネスレに関する情報「ネスレイントロダクション」をYouTube上で公開する新しいコミュニケーションモデルで、公開作品の累計視聴回数が200万回を突破致しました(12月12日時点)。

ネスレシアター on YouTube
画像:「ネスレシアター
on YouTube」

「ネスレシアター on YouTube」は、著名な映画監督の質の高い作品をYouTube限定で無料公開し、多くの視聴者にご覧いただくという、これまでに例のない、全く新しいコミュニケーションモデルで、ネスレやネスレ製品ブランドについて各監督が自由に発想、表現していただく「ネスレイントロダクション」も制作し、作品の冒頭で紹介。従来の広告とは全く異なるかたちの展開で、多くの視聴者に映画を楽しんでいただきながら、ネスレについてのコミュニケーションも図っています。

11月14日より第1弾として佐々部清監督作品「ゾウを撫でる」、本広克行監督作品「Regret」を公開しており、公開後1ヶ月を前にして既に「Regret」は102万再生、「ゾウを撫でる」は85万再生を突破。視聴者からも「家で見られるのがいい」「新しい試みだ」等の肯定的な声が寄せられています。
更に12月10日からは新たに月川翔監督作品「ゴーストバンド」、真壁幸紀監督作品「Starry Night」、木村好克監督作品「通学ダッシュ!」の計3作品がスタートしました。

ネスレは2010年に、消費者コミュニケーションサイト
「ネスレアミューズ(http://nestle.jp/)」を開始し、ブランドサイト、通販サイトに加え、エンタメサイトでも豊富なコンテンツを取り揃えるなど、独自の取り組みを推進しており、今後もさらなるデジタルコミュニケーションの強化を進めてまいります。

■「ネスレシアター on YouTube」
URL:http://www.youtube.com/user/nestlewmc/nestlejpchannel

★「ネスレ アミューズ」では、各作品のメイキング映像や出演者インタビューも公開中。
■URL(PC):http://nestle.jp/entertain/nestle_theater/
■URL(モバイル):http://m.nestle.jp/entertain/nestle_theater/

以上

<12月10日より公開の作品詳細>

作品名:「ゴーストバンド」(12月10日公開)
■あらすじ:
ある日、売れない音楽家西岡雄司はレコード会社から契約打ち切りを言い渡される。借金まみれの西岡は愛する妻に離婚を突きつけられ、息子にも愛想をつかされていた。
会社では年下の上司に罵声を浴びせられ…プライドも音楽をする意味さえも失い魂も抜けきっていた。そんな西岡の前に突然、幽霊バンド歌舞伎Xが現れる。死んだように生きてきたひとりの男に再び魂が宿り始める…。

作品名:「ゴーストバンド」(12月10日公開)

■監督・脚本:月川翔

プロフィール: 1982年生まれ。東京都出身。東京芸術大学大学院映像研究科修了。
卒業後は、長編作品やドラマの監督・脚本のほか、ミュージックビデオやCMも手掛けている。ウォン・カーウァイ、ソフィア・コッポラらが審査員を務めた「LOUIS VUITTON Journeys Awards 2009」にて審査員グランプリを受賞。
また、ドラマ「みんな!エスパーだよ!」の監督を担当。
■作品出演者: マキタスポーツ
相澤侑我
小倉一郎
片岡礼子、広瀬すず、奥野瑛太、大重わたる(夜更かしの会)、
砂川偵一郎(夜更かしの会)、川村亮介、大石吾朗、川瀬陽太、大熊たかひろ、
安井順平、國本鍾建、阿部亮平、白土七菜、岡ほのか、島村舞花、石野理央
※順不同

作品名:「Starry Night」(12月10日公開)
■あらすじ:
不動産屋に勤め始めて間もない、櫻井。
仕事熱心で真面目な彼だが、要領が悪く、なかなか契約が取れない。
今日もロックな客・田口に内見を連れ回されるが、なかなか決めてもらえず、落ち込んでいた。
そんな夜、マンションのベランダで黄昏れている女性に一目惚れする…。

作品名:「Starry Night」(12月10日公開)

■監督・脚本:真壁幸紀

プロフィール: 1984年東京都生まれ。
CM制作部・映画の助監督を経験後、ショートフィルム『THE SUN AND THE MOON』で「LOUIS VUITTON Journeys Awards 2012」審査員グランプリ。
2013年はスカイツリー1周年記念ショートフィルム『Tokyo Sky Story』、ドラマ「カノジョは嘘を愛しすぎてる サイドストーリー」、舞台「マティーニ!」など、ジャンルを問わず精力的に活動している。
■作品出演者: 渡辺大知(黒猫チェルシー)
岡本杏理
川野直輝、なんしぃ(大好物)、波岡一喜

作品名:「通学ダッシュ!」(12月10日公開)
■あらすじ:
空手で大学の推薦入学を狙う女子高生・ミサキの弱点は寝坊癖。
あと一回遅刻すると選考枠から外される。
そんな彼女はいつもより早く家を出たのに、地元の商店街で行く手を阻まれる。
幾多の障害を乗り越え、無事ミサキは学校に間に合うのだろうか?

作品名:「通学ダッシュ!」(12月10日公開)

■監督・脚本:木村好克

プロフィール: 1973年大阪府生まれ。
大阪芸術大学大学院卒業後、助監督として映画の世界に入り多数の作品に参加。主に本広克行監督に師事。2011年、映画『KG カラテガール』で監督デビュー。
2012年、連続ドラマ『スープカレー』にてチーフ監督を務める。脚本として映画『ハイキック・ガール!』他。
■作品出演者: 山本舞香
大鷹明良、夏目慎也(東京デスロック)、伊藤沙莉、木村トモアキ、西岡ゆん、
大岩さや、松本たけひろ(ラズカルズ)、佐藤宙輝(ラズカルズ)、
手塚けだま(ラズカルズ)、永井若葉(ハイバイ)、小林さとし、
デーモン植田(ZERO1)、中野英樹、萩原利映

<公開中の作品詳細>

作品名:「ゾウを撫でる」(11月14日公開)
■あらすじ:
15年ぶりに映画を撮る伝説の映画監督神林晋太郎、新作映画のタイトルは『約束の日』。物語はその映画製作に携わる人間模様を描く。スタッフや出演者だけではなく、印刷所の社員、地方のフィルムコミッション、大道具を運ぶトラック運転手など、様々な人々の心に影響を及ぼしていく。

■監督・脚本:佐々部清

プロフィール: 1958年山口県生まれ。2002年『陽はまた昇る』(02)で監督デビュー。『半落ち』(04)では日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。主な監督作は、『チルソクの夏』(03)、『カーテンコール』(05)、『夕凪の街桜の国』(07)、『日輪の遺産』(11)、『ツレがうつになりまして。』(11)など。
最新作は『東京難民』(14年2月公開)。
■作品出演者: 大杉漣
中尾明慶
羽田美智子
大塚千弘
小市慢太郎、高橋一生、伊嵜充則、金井勇太、寿大聡、菅原大吉、二階堂智、
三宅ひとみ、月影瞳、金児憲史、山田裕貴、好川貴裄、田村三郎、竹石研二、
小早川知恵子、阿久澤菜々、植田雅人、森田誠、高田唯、レッド吉田、鈴木一功、
橋本楓、安田聖愛、永山慎之助、斉木りえ、大岸ゆう、福田望、成田美玖、
山田圭介、大沼百合子 ※順不同

作品名:「Regret」(11月14日公開)
■あらすじ:
家から会社までの道をバイクで疾走するひとりの男。一瞬、男は歩道を歩く黒髪の女性に目を奪われる。視線を前に戻した男の前に交差点を横切る赤い車が目の前に迫る!勢いそのまま、車に衝突するバイク。ゆっくりと高く宙を舞う男。車とバイクが衝突した刹那に、男の頭の中に走馬灯が駆け巡る。

■監督:本広克行

プロフィール: 1965年生まれ。香川県出身。1996年『7月7日、晴れ』で劇場映画監督デビュー。2003年に公開された『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』では、日本映画(実写)興業収入録歴代一位の座を獲得。その後も『交渉人 真下正義』、『サマータイムマシン・ブルース』、『UDON』等、数々の作品を手掛ける。
■作品出演者: 原田泰造
小橋めぐみ