「おとし玉キットカット」全国の郵便局で11月1日(金)より販売開始

一覧へ神戸,10 10, 2013

日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 髙橋 亨/以下「日本郵便」)は、
ネスレ日本株式会社(兵庫県神戸市、代表取締役社長 兼 CEO 高岡 浩三/以下「ネスレ」)との共同企画商品「おとし玉キットカット(ポチ袋付き)」(以下「おとし玉キットカット」)を、2013年11月1日(金)から全国の郵便局と一部の簡易郵便局で販売します。

「おとし玉キットカット」は2009年に販売を開始し、『おとし玉と一緒に「キットカット」を手渡したら、子どもや孫が喜びました』といった声をいただくなど、毎年ご好評をいただいている人気商品です。今年もご好評にお応えし、全国の郵便局と一部の簡易郵便局で、2014年の干支である午(うま)に合わせた新パッケージを販売します。

「おとし玉キットカット」は、おとし玉袋(ポチ袋)と、受験、恋愛、スポーツなどのシーンで心の支えのような存在として、また大切な方への応援や感謝の気持ちを伝える場面において親しまれている、
「キット、願いかなう。」のメッセージが込められた「キットカット」が一体になった商品です。パッケージ裏面に付いているポチ袋にはメッセージを書くことができる欄を設けており、迎える新年がキット良い年になるようにと、おとし玉と一緒に、応援や激励の想いを贈ることができます。

日本郵便とネスレは、今後もご家族をはじめとした親しい方同士のコミュニケーションに役立つサービスや商品を提供していきたいと考えております。

「おとし玉キットカット(ポチ袋付き)」 表面(3種類)、裏面(共通)
「おとし玉キットカット(ポチ袋付き)」 表面(3種類)、裏面(共通)

通常の個包装(2種類)
通常の個包装(2種類)

金色の個包装
金色の個包装

新パッケージのポイント
2014年の干支である午(うま)をモチーフに3種類のデザインを用意しました。「キット、馬力が出るよ」というメッセージが書かれた凧があげられているデザイン、「キット、ウマくいく年になるよ」のメッセージに今年ユネスコの世界文化遺産に登録された富士山を馬が飛び越えるようなデザイン、そして
「キット、ウマくのびる年になるよ」のメッセージに餅つきで餅が伸びる様子を表現したデザインです。これらの中から、贈りたい方が思い思いにメッセージを選ぶことができます。

また、一昨年よりたいへん好評をいただいている、一部の商品に入っている金色の特別なパッケージの個包装は、デザインを新たに今年も継続しますので、もらった方にはさらなる喜びを感じていただけると思います。

「おとし玉キットカット」商品概要>

商品名 おとし玉キットカット(ポチ袋付き)
内容 キットカット ミニ 3枚、ポチ袋1枚付き
販売価格 1個 130円(税込) ※簡易郵便局での販売価格は、異なる場合があります。
販売期間 2013年 11月1日(金)から2014年 1月10日(金)まで
販売郵便局 全国の郵便局(一部の郵便局は除く)と一部の簡易郵便局
その他 熱量:1枚あたり68kcal
製品1枚(標準12.3g)あたりの熱量の栄養素等表示基準値に対する割合:3%

※「おとし玉キットカット」はそのまま郵送できる商品ではありません。

以 上

【参考資料】

「ネスレ キットカット」
1935年にイギリスで発売以来、世界70以上の国・地域で販売されているグローバルブランドのチョコレート「ネスレ キットカット」。この「キットカット」を使った応援は、九州の方言で『きっと勝つとぉ(きっと勝つよ!)』が「キットカット」に似ていることから、九州を中心に受験生の中から自然に生まれ、2002年頃から受験生の間に口コミで広まり始めました。今日では、受験生が受験会場に持参したり、受験生を応援する人達(教師・家族・友人)から受験生へ激励の意味を込めて贈ったりする姿も見かけるようになっています。
また、「キットカット」は、受験だけではなく、恋愛、スポーツのシーンでも、心の支えのような存在として、大切な人に応援や感謝の気持ちを伝えるコミュニケーションツールとして親しまれています。

<ネスレと日本郵便とのつながり>
ネスレと日本郵便(旧郵便局会社)との共同企画は、2009年に「キットカット 4本入り」のパッケージにメッセージと宛先を書き込んで、そのままポストに投函できる商品「キットメール」を全国の郵便局(簡易郵便局を除く)で数量限定にて販売したことから始まりました。2010年には、書家・詩人の相田みつを氏の言葉をしおりにして封入した「キットメール」の新バージョンを発売。2011年には、縁起物として願かけなどに使われるだるまを模したフィギュア「キットカットだるま」と、有名予備校講師からの激励の言葉が書かれた「応援メッセージ」を同封しました。2012年には、自分の願いとその願いへの道のりを記入して持ち歩くことができる「キット願いかなう地図」を同梱しました。また2013年は、初のポップアップ式パッケージを採用。「キットメール」の箱を開けると、満開の桜のポップアップが飛び出し、「キットカット」のリズムで音が鳴る仕組みで販売いたしました。毎年受験シーズンに臨む全国の受験生を励ますとともに、彼らを応援する人たちを支援したこれらの取り組みは、多くの感謝の言葉と反響を得て大ヒットとなっています。
今回の「おとし玉キットカット」は2014年を良い年にしてもらえるよう、「キット、願いかなう。」のメッセージが込められた「キットカット」をおとし玉とともに、子供や孫に贈ってほしい、という想いで日本郵便とネスレが共に企画しました。