「キットカット」絢香さんCM初出演!“絢香×岩井俊二監督”によるCM作品

一覧へ神戸,10 3, 2013

ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO 高岡 浩三、以下「ネスレ」)は、日本発売から40周年を迎えた『ネスレ キットカット』の新CM“キットカット 40周年「ありがとう」篇”を10月4日(金)より全国でオンエアを開始します。

幅広い世代から人気を集めるシンガーソングライター・絢香さんがCM初出演を果たす本作品。CM楽曲『ありがとうの輪』は絢香さんが書き下ろした新曲です。
また、監督は数々のヒット映画を生み出した岩井俊二さんが担当し、独特の映像美であたたかなストーリーを表現しています。絢香さんの伸びやかな歌声と幅広い世代が共感できるストレートな歌詞が、日常の中の「ありがとう」が生む幸せを表した映像とマッチ。周囲の人たちに「ありがとう」を伝えたい、という大切な気持ちを後押しするCMとなっております。

「キットカット」絢香さんCM初出演!“絢香×岩井俊二監督”によるCM作品

■新CMの内容

公園で心を込めて歌う絢香さん。
ベンチでお弁当の包みを開けるサラリーマンの手には、
「いつもありがとう」と記されたキットカットが。

場面は変わり、学校の廊下で歌う絢香さん。
校門のそばでは小学校の子どもたちが、キットカットと共に「ありがとう」を先生に伝えています。

女子高生は照れくさそうに「今日もありがとう」のキットカットをバスの運転手に渡し、
運転手は嬉しそうにそのキットカットをみつめます。

「ありがとうの気持ち、キット、届くよ。」というナレーションの通り、
「キットカット」を渡した人も、渡された人も、みんなが笑顔になっています。

絢香さんの歌声と、岩井俊二監督によるあたたかな映像のコラボレーションCMにご注目下さい!

■商品概要
「ネスレ キットカット」の40周年キャンペーンのテーマは、「ありがとう & Have a break®」。40年間のご愛顧に感謝の意を込め、“ありがとう”バージョンのキットカット5商品を期間限定で販売します。キットカットを通じて周囲の人たちに、気軽に、そして楽しく感謝の気持ちを伝えていただける「ありがとう」サポートアイテムとなっています。

【新フレーバーも“ありがとう”バージョンで登場】
「ネスレ キットカット ミニ オトナの甘さ ストロベリー 3枚入り(126円※)」は、9月9日より全国のコンビニで限定発売、「同 12枚入り(525円※)」は9月23日から全国販売しています。
(※価格は小売希望価格/税込)

【個包装外包装にはARを搭載】
専用アプリを起動した状態のスマートフォンをかざすと、アーティスト絢香さんが「キットカット」をステージに繰り広げるARライブがスタートします。ありがとうの気持ちと一緒に、絢香さんの“ありがとう”ライブをプレゼントできる楽しい仕掛けとなっています。

■撮影現場レポート

●眩しい陽の光に振り回されるも、集中力は切らさず。
照りつける日差しの中、「よろしくお願いします!」と颯爽と現場入りした絢香さん。公園の木々の下、スタッフから撮影の流れ、動きのポイントなどの説明を受けます。歌を交えたスタッフの説明に思わず爆笑するなど、和やかな雰囲気で撮影準備が進みます。絢香さんが軽く歌詞を口ずさみ、いざ撮影開始。青空を仰ぎ見て歌詞を噛み締めて歌う姿に、「いい感じだね」と岩井俊二監督もうなずき、このまま順調に撮影は進むかのように見えました。
しかし、昼間の時間帯とあって段々と威力を増す強い日差し、刻々と変わってしまう光の差し込む角度に「カット!」の声がかかります。その後、太陽の動きに合わせて撮影位置の変更が繰り返され、まるで太陽と追いかけっこをしているよう。結局、公園のシーンは合計8テイクの長丁場となりました。そんな中、絢香さんは最後まで集中力を切らすことなく、一回一回心を込めて『ありがとうの輪』を歌いきり、「日差しは強いけど、風が涼しくて気持ち良かった!」とさわやかな笑顔を見せてくれました。

●撮影の合間に談笑する絢香さんと岩井俊二監督。
今回がCM初出演の絢香さんですが、初めてとは思えない程自然体でカメラの前に立っていました。岩井俊二監督との談笑が、絢香さんをリラックスモードへと導いたようです。
最初に2人が会った時の印象を「あれ?ちょっと怖い・・・?!」と緊張していたと語ってくれた絢香さんでしたが、話し始めると「(岩井監督は)とにかく柔らかい空気をまとっている」とリラックスできるようになったそう。静かな小学校で行われた撮影の合間には、絢香さんの楽しそうな笑い声が響いていました。ありのままの絢香さんが映像におさめられました。

●またも太陽に苦戦!暮れていく陽の光を追いかける!
廊下での撮影シーン。日が傾き始め、オレンジ色の光が窓から廊下に差し込んでいました。その光を両手で包み込むように歌う絢香さん。「光を持っているように遊びながら」と声をかける岩井俊二監督の技術とセンスが光ります。独特の柔らかく、あたたかな映像に、現場のスタッフも「ライティングしたみたい。」と驚きながら、一同モニターに釘付けとなりました。次第に落ちていく太陽、公園シーンと同様に、カメラ位置を幾度も変えながら撮影は進行。一分一秒を争って光を追いかける現場に、機材トラブルも相まってこの日一番の緊張が走ります。ラスト1テイクが始まるまさにその時、遂に陽の光が消えてしまい・・・と思いきや、「ほら、いた!」と監督が指差す先には僅かな陽の光が!小さな光をそっと掴みながら歌う絢香さんの姿を、間一髪、最後まで無事に撮影することができました。
(※今回CM撮影と同時にPV撮影も行いました。こちらのシーンはPVのみに収録されています。)

■絢香さん CM撮影インタビュー

【1】CM撮影を振り返って
Q) 初めてのCM撮影ということでしたが、撮影を終えていかがでしたか。
A) すごく楽しかったです。自分のMVの撮影とはまたちょっと違う緊張感もあり、その緊張感を楽しませていただきました。

Q) 印象に残っているシーンについて聞かせて下さい。
A) 公園で撮影をした時、ちょうどお昼休みだったのか、パッと振り向くと高校生やスーツ姿の人が何十人といてビックリしました(笑)。それで緊張してしまったのもあると思います。でも天気がすごく良くて、風が気持ち良くて、撮影なのにリフレッシュ出来ましたね。すごく気持ち良かったです。
その気持ち良さがCMにもしっかり映り込んでるんじゃないかなっていうくらい、風を感じながら、すごく自然に気持ち良く歌うことが出来ました。初めてのCM撮影っていう緊張を天候が助けてくれたような気がします。
感謝ですね。

Q) 岩井俊二監督とはどんなお話をされましたか。
A) 撮影とは全く関係のない話で盛り上がることが多かったです(笑)。監督はすごく柔らかくて、すごく素敵な方です。
岩井監督に撮って頂けて本当に良かったです。今日最初にお会いしたときは「あれ?ちょっと怖い…!?」みたいな緊張感はあったんですけど(笑)、話し始めると全然そんなことはなく、とにかく柔らかい空気をまとっていらっしゃるので、全然緊張することもなく、リラックスして撮影出来たのは岩井監督のおかげです。

Q) 演技指導などもありましたか。
A) 全くなかったので、逆に「大丈夫ですか!?」って聞きに行ったくらいです。
ただ、演じるというよりも歌うことに専念すれば良かったので、その面を信頼して任せて下さってたのなら、すごく嬉しいですね。

【2】PV撮影部分を振り返って
Q) 今日は絢香さんのPVの撮影も同時に行われましたが、バスに乗ったり、小学校で子供たちが参加したりするシーンもありましたね。
A) バスから見える景色の中に親子がいたりして、歌いながら曲とマッチする景色をすごく沢山見ることが出来たので、撮影ということを半分忘れるくらい自然な気持ちで臨めたシチュエーションでしたね。

Q) 子供たちも元気に走り回ってましたね。
A) すっごく可愛かったですね!子どもたちが廊下を走るシーンがあったんですが、みんな「1番になるぞ!」って一生懸命な姿が本当に可愛くて。あぁ、この真っすぐな感じ、忘れないでおこうって気持ちになるくらいでした(笑)。ちょうど小学校1年生ぐらいの子たちだったんですが、子供のパワーにすごく元気を貰いましたね。

Q) 小学校でワイワイしてる感じも懐かしかったですね。
A) すごく懐かしかったですね。特に音楽室での撮影では、自分の行ってた学校の音楽室とレイアウトがすごく似てたので、自分の幼かった頃のことをすごく思い出しました。学校の匂いってこうだったよな・・・って懐かしい気持ちになりましたね。

【3】「ネスレ キットカット」40周年記念キャンペーンに寄せて
Q) 「キットカット」は日本で愛されて40周年。絢香さんは今年デビュー7年目ですが、40周年を迎えたとしたらどのようになっていたいですか。
A) デビューして7年でさえ沢山の人の助けや支えによって今の自分がいるんだなと思っているわけですから、40周年まで頑張ろうと思ったらもっと沢山の人に支えられて助けられていくわけですよね。そう考えると、やっぱり常に「ありがとう」という感謝の気持ちというのを忘れないことが一番大事なんじゃないかなと思います。

Q) 今回の楽曲「ありがとうの輪」も、その気持ちを忘れないための一つのきっかけになりそうですね。
A) そうですね。自分もきっとこの曲を歌うたびに、「ありがとう」の思いを伝えることがいかに大切かを見つめ直せる気がします。ずっと大事にしたい曲です。

■絢香(あやか)さん プロフィール

シンガーソングライター
大阪府出身。血液型はO型。身長157cm。所属事務所・レコード会社はA stAtion。

2006年2月1日「I believe」でデビュー。
ファーストアルバム「First Message」は出荷枚数140万枚を超え、2009年にリリースしたベストアルバム「ayaka's History 2006-2009」でもミリオンを記録。
2年間の活動休止を経て、デビューからちょうど6年後となる2012年2月1日に復帰アルバム「The beginning」をリリース。
初のセルフプロデュースアルバムとなる同アルバムはオリコン初登場1位を獲得し、約4年振り自身最大規模となるツアー「LIVE TOUR 2012“The beginning”~はじまりのとき~」を実施。アリーナを含む同ツアーは大成功を収める。
2013年2月には復帰後初の両A面シングル「beautiful/ちいさな足跡」をリリース。
また、9月には自身初となるカバーアルバム「遊音倶楽部~1st grade~」をリリースし、1年半振りとなる全国ツアー「LIVE TOUR 2013 Fortune Cookie~なにが出るかな!?~」(全11都市・19公演)を現在開催中。

■楽曲情報

曲名 ありがとうの輪
作詞/作曲 絢香
配信開始日 10月4日から「レコチョク」にて着うた・着うたフル配信スタート
10月9日から「iTunes」他配信サイトにて配信スタート

■スタッフリスト

広告主 ネスレ日本株式会社
代理店 ジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン合同会社(以下、JWT)
制作会社 株式会社ロックウェルアイズ
Creative Director JWT 関橋 英作
Art Director JWT 山田 詩津
Copy Writer JWT 矢部 薫
Producer JWT 権田 立夫
Director ロックウェルアイズ 岩井 俊二
Producer ロックウェルアイズ 水野 昌
AD ロックウェルアイズ 田井 えみ
Camera 神戸 千木
Light 舘野 秀樹
Stylist 岡本 純子(絢香さん担当)/小泉 美智子
Hair&Make-up 竹下 あゆみ(絢香さん担当)/外丸 愛
Art 部谷 京子