東北・三陸鉄道の復旧支援プロジェクト第2弾

一覧へ神戸,4 3, 2013

三陸鉄道株式会社
ネスレ日本株式会社

三陸鉄道株式会社(本社:岩手県宮古市、代表取締役社長 望月正彦、以下「三陸鉄道」)と
ネスレ日本株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO:高岡浩三、以下「ネスレ」)は、東日本大震災により大きな被害を受けた三陸鉄道の復旧を通じて、東北地方の復興を支援する「キット、ずっとプロジェクト」を展開しています。本プロジェクトでは、このたび、南リアス線・盛~吉浜駅間の運行再開に合わせて、開通の起点となる吉浜駅駅舎および南リアス線で唯一被害を逃れ“奇跡の列車”と呼ばれる車両を、願いの象徴である“サクラ”をモチーフにしたデザインで装飾し、運行再開日の4月3日(水)に駅舎をお披露目します。サクラ・アートの“奇跡の列車”「キット、ずっと2号」は翌4日(木)の通常運行日より不定期走行します。

「キット、ずっとプロジェクト」は、三陸鉄道と地域の魅力を国内はもとより世界に向けて発信し、観光振興による地域の活性化と復興を目指すプロジェクトです。昨年は、世界中に広がる「キットカット」のFacebookを通じて応援メッセージを集め、三陸鉄道と沿線に住む皆さまへエールを送りました。また、東京・新橋駅前SL広場で物産展とギャラリー「さんてつ広場復興市」を開催し、さらに、三陸鉄道北リアス線・陸中野田~田野畑駅間の運行再開を記念したサクラ・アートのラッピング駅舎と車両「キット、ずっと号」を展開しました。

三陸鉄道サクラサクシリーズ第2弾!吉浜駅と“奇跡の車両”をラッピング
三陸鉄道は2014年4月の全線運行再開を目指し、今年4月3日(水)に南リアス線・盛~吉浜駅間を運行再開します。本プロジェクトでは、このたびの運行再開を記念し、サクラサクシリーズ第2弾を企画しました。
シリーズ第1弾となる、昨年4月から北リアス線を走るサクラ・アートのラッピング列車「キット、ずっと号」と田野畑駅舎は、白と薄ピンク色を基調とした明るく華やかなデザインと世界中からの応援メッセージで地元住民を励まし、訪れた観光客も楽しませています。
第2弾は“奇跡の列車”を特別に使用。これは2011年3月11日、鍬台トンネルを走行中に震災に遭い、警報を受けて停車したことで、すんでのところで津波を免れた車両です。この“奇跡の列車”と、今回の再開の起点であり、地元の方々のコミュニティの場でもある吉浜駅の駅舎を、一新したデザインのサクラ・アートでラッピング。2014年の全線復旧への願いの象徴となることを目指します。サクラ・アートは第1弾と同じく美術作家・三田村光土里(みたむらみどり)さんが手がけます。

タレント・志村けんさん&女優・川上麻衣子さんが本プロジェクトを応援!
「キット、ずっとプロジェクト」は、被災地に笑顔を届けることで地域の復興を応援する特別番組(※1)の企画・制作に協力しています。番組は三陸鉄道の復旧を応援する女優・デザイナーの川上麻衣子さん、そして、川上さんと親交が深く、本プロジェクトに共感していただいたタレントの志村けんさんが案内人を務めます。お二人は、沿線の皆さまとの触れ合いを通じ、番組という枠を超えた想いから「南リアス線にも、皆を元気づけるシンボルを作ろう」と発案されました。そして、本プロジェクトと一緒になって、吉浜駅の線路を渡す歩道橋に川上麻衣子さんデザインのサクラの装飾を施すことに。川上さんの出身地のスウェーデンで“幸福を運ぶ馬”とされる「ダーラナホース」をあしらった、華やかで可愛らしいサクラサク歩道橋はまさに三陸と世界をつなぐ架け橋となります。
また、三陸鉄道では、志村けんさんや川上麻衣子さんのご協力に感謝するとともに、運行再開の起点となる吉浜駅の非常勤駅長を志村さんに依頼。4月3日(水)に執り行われる、南リアス線・盛~吉浜駅間の運行再開記念式典に合わせ、三陸鉄道より志村さんへの非常勤駅長辞令交付式を実施します。
(※1)特別番組はテレビ東京系全国ネット他で4月13日(土)放送予定です。

中西圭三さんがテーマソングをプロデュース ~世界中の応援スマイルを東北に!
“世界から東北・三陸鉄道を応援しよう!”をコンセプトとしている「キット、ずっとプロジェクト」。今回、本プロジェクトのテーマソングを、海外のアーティストとも活動をともにし、ご自身でも復興支援活動を継続してこられた中西圭三さんにプロデュースしていただきます。中西さん作詞・作曲のテーマソング『Bloom! Bloom! 〜サクラ咲け!〜』(中西圭三 & 寺尾仁志with human note)は4月9日(火)より「キットカット」公式HPでご覧いただけます。
また、世界中から応援スマイルとメッセージを募集する「東北に笑顔のサクラを咲かせよう!」キャンペーンを4月3日(水)から5月31日(金)まで公式HPで実施。世界1500万人のファンがいるキットカットFacebookを通じて、世界から笑顔の投稿を呼びかけます。笑顔の写真1投稿につき1個の
「キットカット」商品が三陸鉄道に寄付され(※2)、沿線の皆さまへ配布されます。さらに、先着403名様(4月3日にちなみ)に新商品「ネスレ キットカット ミニ ワールドアソート13枚」をプレゼント。なお、募集した写真の一部は今後、三陸鉄道の駅構内などに掲出される予定です。
(※2)寄付される「キットカット」は上限1万個となります。

「キット、ずっとプロジェクト」2013年度の活動概要
【名   称】キット、ずっとプロジェクト

【目   的】三陸鉄道と地域の魅力を日本国内、世界に向けて発信することで、観光振興を中心とした沿線地域全体の活性化を目指します。

【活動内容】
①吉浜駅の駅舎および“奇跡の列車”をサクラ・アートでラッピング
南リアス線(盛~吉浜駅間)運行再開の起点であり、地元の方々の交流の場でもある吉浜駅の駅舎および“奇跡の列車”を、美術作家・三田村光土里さんデザインのサクラ・アートでラッピングします。サクラ・アートの“奇跡の列車”「キット、ずっと2号」は通常運行となる4月4日(木)より不定期走行します。

②吉浜駅に川上麻衣子さんデザインのサクラサク歩道橋が登場
志村けんさんの発案で、吉浜駅の線路を渡す歩道橋にサクラの装飾を施します。
ガラス工芸作家でもある川上麻衣子さんがご出身のスウェーデンで幸福を意味する馬「ダーラナホース」をモチーフにしたデザインは三陸と世界をつなぐ架け橋となります。

<川上麻衣子さんプロフィール>
1966年2月、スウェーデン・ストックホルムで生まれる。
14歳の時、NHKドラマ人間模様「絆」でデビュー。
同年TBS「3年B組金八先生」で生徒役を演じ注目される。
映画「でべそ」で第6回日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞受賞。
2010年秋、小学館よりスウェーデンの絵本「愛のほん」「死のほん」を翻訳出版。
グラスや食器、オブジェをデザイン・制作し、展覧会を催すなど、ガラス工芸作家としても活躍中。

③吉浜駅の非常勤駅長に志村けんさんが就任
三陸鉄道では、沿線地域に満開の笑顔を届けてくれた志村けんさんに敬意を表し、吉浜駅の非常勤駅長就任を依頼しました。4月3日(水)に執り行われる、南リアス線・盛~吉浜駅間の運行再開記念式典に合わせ、三陸鉄道・坂下取締役より、志村さんへの「吉浜駅・非常勤駅長」辞令交付式を実施します。
駅長の制服を、三陸鉄道正社員以外の方が着用するのは初になります。

④「キット、ずっとプロジェクト」のテーマソングを中西圭三さんがプロデュース
中西圭三さんが作詞・作曲(編曲:小西貴雄)する本プロジェクトのテーマソング『Bloom! Bloom! 〜サクラ咲け!〜』(中西圭三 & 寺尾仁志with human note)を4月9日(火)より公式HPで公開します。

<中西圭三さんからのメッセージ ~楽曲に託した想い>
とてもとても大きな自然のリズムのもとに、僕等はとてもとても無力でした。悲しくて、悔しくて、只々呆然と立ち尽くしてしまうのだけれど、こうして生きている限り命の炎を燃やしてまた一歩、明日へと歩みを進めなければなりません。三陸鉄道は懸命に立ち上がりました。自らの為だけでなく地域の営みのともしびを絶えさせない為に…。生きるということの雄々しさをその走る姿に感じます。繋げるんだという強い意志。「生命力」そのものだと思います。応援したい。心からそう思います。そんな想いを音にしてみました。いきましょう、明日へ。

⑤「東北に笑顔のサクラを咲かせよう!」キャンペーンを展開
三陸鉄道への応援スマイルとメッセージを公式HPで募集します。サイト上に沿線の景勝地を紹介する「駅員顔出しフレーム」を6種類ご用意。お気に入りのフレームを選び、笑顔の顔写真をアップロード、もしくはFacebookのプロフィール写真を使って応援スマイルを投稿していただきます。投稿写真をFacebookでシェアすることで応援の輪を広げることができ、また、世界20ヵ国以上で展開する
「キットカット」のFacebookページでも投稿を呼びかけます。

<「東北に笑顔のサクラを咲かせよう!」キャンペーン概要>
【募集期間】 2013年4月3日(水)~5月31日(金)

【投稿方法】 下記HPにアクセスして写真を投稿していただきます
「キットカット」公式HP:http://www.nestle.jp/brand/kit

【特   典】
1投稿あたり1個の「キットカット ミニ3 枚入り」が三陸鉄道に寄付されます(上限1万個)
先着403名様に新商品「ネスレ キットカット ミニ ワールドアソート13枚」をプレゼント

【関連サイト】
「キットカット」公式HP:http://www.nestle.jp/brand/kit
キットカットニッポンFacebookページ:http://www.facebook.com/kitkat

【主   催】
三陸鉄道株式会社 (本社:岩手県宮古市、代表取締役社長:望月 正彦)
ネスレ日本株式会社 (本社:兵庫県神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO:高岡 浩三)
※「キット、ずっとプロジェクト」参加企業:青い森鉄道株式会社、株式会社トミーテック、
株式会社日本旅行、毎日新聞社

三陸鉄道について
三陸鉄道は、岩手県の三陸海岸沿いを縦貫している鉄道で通称「三鉄 (さんてつ)」。全国初の第三セクター鉄道として昭和59年4月に開業しました。地元の足として愛され、通常の車両のほか、お座敷車両、レトロ調車両の運転を行っていましたが、2011年3月に発生した東日本大震災の影響で現在一部区間のみで運行を行なっています。4月3日の南リアス線・盛~吉浜駅間の運行再開の後、2014年4月に、北リアス線・田野畑~小本駅間と南リアス線・釜石~吉浜駅間の復旧を経て、全線運行再開を計画しています。
※現在の運行状況:北リアス線・宮古~小本駅間、田野畑~久慈駅間

以上