熊本地震被災地での支援活動状況について

12 12, 2016

 

ネスレ日本は、熊本地震の発生直後より、被災地の復興に役だてていただきたいという思いから、支援物資や社員からの義援金の提供を行ってまいりました。またその後も、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ GACKTモデル」の売上の全額寄付、義援金が商品価格に含まれた「キットカット Big リトル くまもと茶」の全国発売など、継続的に被災地への支援活動を行っています。

現在は、被災地の方々が少しでも元気に過ごしていただけるよう、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」をはじめとするネスレ製品を提供し、仮設住宅の集会所で「集いの場」づくりを積極的に進めています。益城町の仮設住宅で始まった「集いの場」づくりは、すでに18ヶ所に広がりました。また、熊本市社会福祉協議会のボランティアセンターのご協力のもと、他の地区の仮設住宅にも広がり、さらに10ヶ所での設置が進んでいます(2016年12月現在)。

また、「集いの場」づくり以外でも、復旧支援に携わっているボランティアの皆さまへ「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」やネスレ製品を提供し、作業の合間にお楽しみいただいています。

これからもネスレ日本は、少しでも熊本地震被災地の皆さまのお役にたてるよう、支援活動を続けてまいります。

関連リンク