モーダルシフト

3 3, 2014

環境にやさしい物流の実現へ ~モーダルシフト~

モーダルシフトとは、貨物輸送をトラック輸送からより環境負荷が少ない鉄道や海運に転換することです。ネスレは早くから社内物流のモーダルシフトに取り組み、2009 年に「ネスカフェ」缶コーヒーで鉄道輸送、2010年に国内3工場から北海道向けの配送で海上輸送を開始。それぞれ「エコレールマーク」、「エコシップ・モーダルシフト事業優良事業者」の認定を受けました。

他社では取り組み事例がほとんどない顧客配送の分野でも、2012年から本格的なモーダルシフトを進めています。顧客配送の鉄道利用は2 010年に開始、大手顧客をモーダルシフトのパートナーに迎えました。この取り組みは大きく評価され、国の環境事業である平成25年度「モーダルシフト等推進事業」として認定、年間で東京ドーム5.5個分の植林効果*を達成しています。写真は、これを記念してJRグループの全国通運株式会社様から贈っていただいたネスレデザインコンテナです。

*200t以上のCO2削減