2016年「共通価値の創造大賞」 カメルーンの社会的企業が受賞

6 21, 2016

6月21日、ネスレはコートジボワールのアビジャンで「共通価値の創造グローバルフォーラム」を開催しました。席上、2016年「ネスレ共通価値の創造大賞」の大賞受賞者が発表され、カメルーンのアグロ-ハブが大賞を受賞、タンザニアのナチュラル・エクストラクツ・インダストリーが次点となりました。

ネスレのポール・ブルケCEOは、フォーラムのテーマである「アフリカにおける持続可能な投資」に関連して、アグロ-ハブが小規模なキャッサバ農家と買付業者をうまく結びつけたことを強調しました。これにより、かなりの額の持続的な収入を生み出す機会がもたらされました。アグロ-ハブに贈呈された賞金30万スイスフランは、キャッサバの加工施設の設備投資に使われます。

次点には、タンザニアにおけるバニラなどの天然香料の持続可能な抽出の開発により、タンザニアの社会的企業であるナチュラル・エクストラクツ・インダストリーが選出されました。農村開発と持続可能性を支援する、ナチュラル・エクストラクツ・インダストリーに贈呈された20万スイスフランの賞金は、天然香料の原料を供給する小規模農家のネットワークの拡大のために使用されます。

「ネスレ共通価値の創造大賞」は、今回で第4回を迎えました。ネスレは、2017年、次回の「共通価値の創造大賞」の応募受付を開始する予定です。引き続き、栄養、水、農村開発の分野におけるイノベーティブなビジネスや社会的企業の応募をお待ちしています。

関連リンク

ナチュラル・エクストラクツ・インダストリー(英語サイト) http://www.nei-ltd.com
アグロ-ハブ(英語サイト)http://agro-hub.com