ネスレ インスティテュート オブ ヘルスサイエンス、初期アルツハイマー病の新しい検査を開発

9 23, 2015

新しい共同研究は、アルツハイマー病患者をその初期段階で、将来的には症状が出始める前に、特定する検査の開発を目的とします。

ネスレ インスティテュート オブ ヘルスサイエンス(NIHS)は、スイスのバイオ医薬品会社であるACイミューンと、アルツハイマー病を初期段階で診断する低侵襲的な新手法を開発することで合意しました。

このパートナーシップを通じて、科学者たちは、認知低下と関係する血液中のある種のバイオマーカー(指標)を測定するNIHSの独占的な技術を使用することになります。

最初期段階でアルツハイマー病を診断する、効果的な検査法を発見することは、アルツハイマー病治療における差し迫ったニーズのひとつと考えられています。

詳しくは、ネスレ インスティテュート オブ ヘルスサイエンスのプレスリリースをご覧ください(英文サイトへのリンク)。