Back to all stories
2 minutes read
世界中で愛飲されているコーヒー。人類との出会いはいつ頃から?今回はコーヒーの歴史(番外編)です。

コーヒーノキはエチオピア(東アフリカ)原産の植物です。コーヒーの発見にまつわる有名な話が2つあります。ひとつはヤギ飼いカルディの伝説(6世紀頃)です(図)。若い牧童カルディは、夜中にも拘わらずヤギが元気に跳ねまわっているのを見つけます。ヤギが赤い実を食べているのに気づき、修道院にこの不思議な実(コーヒー)を伝えたと言います。コーヒーを取り入れたイスラム修道院は夜も盛んに祈りがささげられる「眠らない修道院」と噂され、イスラム修道院でのコーヒー摂取が広まっていきました。

 

もうひとつは13世紀、聖者オマールの伝説です。いわれなき罪でモカ(アラビア)の街を追放された山野をさまよっていた僧オマールは、1羽の鳥がコーヒーの実をついばんでいるのを見つけます。これを口にすると体に力がみなぎり、元気になるという不思議な体験をします。オマールはコーヒーで疫病の人々を救い、モカの守護聖人と呼ばれるようになりました。

コーヒーに含まれるカフェインには、覚醒作用や気分を高揚させる作用があります。ヒトを元気にさせる不思議な力が、コーヒーのある生活が始まるカギになっていたようです。


この記事をPDFでダウンロードできます (pdf.385Kb)
こちらにも興味ありませんか?