Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

ネスレのグローバルネットワーク

ネスレの研究開発ネットワークは食品飲料業界では最大で、世界23カ所で3,900人の従業員が働いています。

基礎研究

ネスレリサーチは、食品の安全性、栄養や健康に関する基礎研究から製品開発やパッケージの応用研究まで、イノベーションの基礎研究を行っています。
スイスのローザンヌのVers-chez-les-Blancにあるネスレの拠点、また同じくローザンヌのEPFLイノベーションパークには、4つの研究機関(Nestlé Institute of Health Sciences、Nestlé Institute of Food Safety、Nestlé Institute of Material Sciences、Nestlé Institute of Packaging Sciences(ネスレ パッケージング研究所))があります。
ネスレの臨床開発ユニットもここを拠点としています。
ネスレの中核となる研究機関は、フランスのトゥールにある植物科学リサーチハブ、母子の栄養に焦点を当てるシンガポールリサーチハブ、そして米国ミズーリ州セントルイスでペットケア研究を行うネスレ ピュリナによって支えられています。

カテゴリーに特化した製品開発

Nestlé Product Technology Center(NPTC)は、科学的な発見をもとに、飲料、ペットケア、調理用製品、乳製品、菓子、乳児栄養など特定のカテゴリーの製品や技術を開発しています。
アジア、サハラ以南アフリカ地域にあるイノベーションセンターでは、現地のイノベーションエコシステムの一環として、地域のニーズに合わせた製品開発に取り組んでいます。
研究開発では、ネスレは30年以上にわたって蓄積してきた飲料システムに関する社内の専門知識を活用できます。スイスのOrbeにあるSystem Technology Centerは、家庭用、家庭外製品の専門知識を提供しています。