CEOメッセージ

『イノベーション』を起こし続けることが必要。採用活動自体を新しく変えていきます。高岡 浩三 ネスレ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO

私たちは今、ものづくりを柱とする第二次産業革命によって発展してきた20世紀を経て、インターネットにより新たなイノベーションが次々に生み出される、激動の世界に生きています。
テクノロジーの発展に伴いビジネス環境が複雑化する中、変化のスピードもますます加速しています。
昨日は通用した方法が、今日はもう何の役にも立たない。それくらいの激変が世界中で起こっています。

しかし、変化はチャンスでもあります。
ネスレは150年以上にわたる歴史を通じて、変化する市場環境に対応し、顧客が抱える課題を解決することで、人々の生活の質を高め、さらに健康な未来づくりに貢献してきました。

今、少子高齢化が進む成熟先進国の日本でも、ネスレ日本は社会が抱える課題解決に取り組んでいます。
日本社会は今後さらに複雑化し、社会構造も変わり、価値観やそれぞれが抱える課題も多様化していくことでしょう。
そのような中、ネスレ日本が提供するサービスも、日々刻々と変化していく顧客の課題を解決できる価値のあるものでなければいけません。
そのために、世界の変化に対応し、新たなことに挑戦する「イノベーション」を起こせる人、そしてチームで仕事をするときに「リーダーシップ」を発揮できる人、そのような人材をネスレ日本では求めています。

ネスレ日本は、成長戦略の一つとして、ダイバーシティの推進を掲げています。性別、国籍、年齢、障がいの有無、ライフステージ(育児や介護)などにかかわらず、様々な個性を持つ社員が集まった組織こそが新しい発想やイノベーションを生むと考えています。
社員一人一人が、その違いや個性を強みとして、意欲的に働き、能力を伸ばし、そして持っている能力を発揮できる、ダイナミックな組織づくりに取り組んでいます。
2013年に自社開発を行なった新しい新卒向け採用方法「ネスレパスコース」や中途採用、障がい者採用に加え、2018年からは新たに「シニアスペシャリスト採用コース」を開始します。
「働くことによって心身ともに健康で充実した毎日を送りたい」「長年培ってきた経験や専門知識を存分に発揮したい」と考えている60歳以上の方々も積極的に募集します。
ネスレ日本は様々な方々を新たに社員として迎え入れることでダイバーシティをさらに推進していきます。

熱い志を持った皆様からのご応募をお待ちしています。