女性の社会的地位向上

3 8, 2016

Jeanne Kindo Kouakouさんは、コートジボワールのYaokouakoukro村にある女性団体のリーダーです。こういったカカオを栽培するコミュニティでは、女性は社会的また経済的に阻害されており、彼女は地域における女性の社会的地位の向上に懸命に取り組んでいます。

ネスレと、そのパートナーである公正労働協会 (FLA)の援助を受け、この団体は村の近隣の女性たちを対象に農業経営から事業運営まで起業家能力を教え、収入を増やす支援を行っています。

Jeanneさんと女性たちは、ネスレの苗床を運営しています。ネスレは、苗や技術的支援、また女性の社会的地位向上と財政的支援の研修の提供を通じて、彼女たちを支援しています。

世帯収入が高くなれば、親は子どもをカカオ農園で働かせるよりも、学校に通わせるようになります。 「ネスレ カカオプラン」の一環である「ネスレ カカオプラン」ジェンダー行動計画を通じて、コートジボワールの1,100以上の家族が、収入を生み出す活動と、女性のさらなる社会的地位向上の恩恵をうけています。 ネスレにおける男女比バランスの向上についてはこちらをご覧ください。