ユース・イニシアチブ

事業全体においてグローバルユース・イニシアチブを実施する
ネスレ日本の視点

 ネスレ日本は、多様な学生の採用を目的とした新しい方法として、インターンシップを重視した「ネスレパス」コースを導入しています。選考時期と方法を学生が選べ、何度でも挑戦することができる通年採用選考プロセスです。

 2015年からは、従来実施していたエントリーシートとWEBテストを廃止し、「ネスレ8daysミッション」を導入しました。これは、ネスレを志望する学生が、8日間連続で1日1問出題されるビジネスケースや課題に回答し、入社への熱意やビジネスセンスをアピールするという採用選考方法です。

 内定後の主体的なキャリア形成は、「ネスレアソシエイト制度」でサポートします。内定者(アソシエイト)が“ネスレ流”の育成に触れ、しっかりと入社までの準備を行い、学生生活をより充実したものにできるよう支援します。入社直前には、学生ならではのフレッシュな発想で、ネスレのビジネスに直結したイノベーションアイデアの実現に取り組み、その成果を役員に対してプレゼンテーション形式で発表します。机上にとどまらないマーケティングや実務経験を通じて、成長を後押しします。入社後も、社員の育成やキャリア開発を目的とした多様な学習機会やツールが用意されています。



VOICE

ネスレ日本には個人の想いを尊重する環境があると感じました


 

私は「ネスレパスコース」に応募して入社しました。エントリーシートやウェブテストがなく、独自のプロセスで行われる選考には、学歴も年齢も関係なく、「ネスレで叶えたいことがある」と強く思っている学生が多く集まっており、個人の想いを尊重する環境があると感じたことが入社の決め手となりました。

入社後も、やりたいことを実現できる社風が息づいていると感じています。私も2 年目から希望の業務に就き、部署を越えた協力を通じてイノベーションアイデアの実現を目指しています。これは私が担当した、ネスレに関する問合せに自動応答するチャットサービスです。ぜひ体験してみてください。

コンシューマーリレーションズ部
後藤 翔 (2017 年4 月入社)



VOICE

学生と会社がお互いを十分に理解することができる「ネスレパスコース」


 

「ネスレパスコース」は、学生と会社がお互いを十分に理解できる機会だと思います。選考プロセスの「ネスレ 8days ミッション」には学歴などのプロフィールは不要で、自由な発想を問われます。ネスレの『多様な意見を尊重する文化』が体現されていると思いました。2 日間をかけて課題に取り組む研修「ネスレ チャレンジプログラム」では人事だけでなく、さまざまな部署の先輩がメンターとして付き添ってくれます。学生一人ひとりを良く見てくれていて、学生側も多くの質問ができました。就職活動でいくつかの企業でインターンを経験しましたが、ネスレでは多くの学びがあり、参加できて良かったと感じました。

営業本部 関西支社
尾﨑 由唯 (2017 年4 月入社)