健康的な行動育成

親や保護者、教員による子どもの健康的な行動育成を支援する
ネスレ日本の視点

 2009年、ネスレは子どもの健康づくりのための教育プログラム「ネスレ ヘルシーキッズ プログラム」を開始しました。このプログラムは、世界中の学齢期の子どもたちの栄養・健康・ウェルネスに関する知識と実践する力の向上を目的としています。

 日本では、2011年に小学校低学年を対象とした「からだづくり」支援プログラムとしてスタート、2012年以降、小学校の全学年に幅広く対応できるよう充実を継続しています。プログラムの開始から累計すると、すでにのべ9,300校を超える小学校から申し込みがあり、約160万以上の児童に教材を提供しました。

 2016年は、子どもから高齢者まで幅広い世代に人気の「卓球」を取り入れた新しい運動プログラム「ヘルシーキッズ健康卓球」を開発しました。子どもの健康づくりには、学校、地域、家庭の連携が必要です。学校のみでの展開だけでなく、地域コミュニティの活性化を推進する地方自治体や団体との取り組みも目指しています。