生物医科学の推進

パーソナルニュートリション(個別化した栄養)、
デジタルソリューションにつながる生物医科学を推進する
ネスレ日本の視点

 ネスレ ヘルスサイエンスは、全国の医療機関、介護施設やご自宅での栄養ケアにおけるさまざまなニーズに応える栄養補助食品を製造、販売し、全国約1万カ所以上の医療機関、介護施設や在宅医療の現場で使用されています。栄養評価ツールの国内での啓発と普及にも積極的に取り組んでおり、医療、介護従事者向けに、高齢者の栄養状態を簡易に評価する「MNA® (MiniNutritional Assessment)」や、嚥下(食べ物や飲み物の飲み込み)状態を評価する「EAT-10(イートテン)」などを提供しています。

 ネスレ ヘルスサイエンスの営業担当者は全員がタブレット端末を所有、いつでも必要情報に効率的にアクセスできる仕組みを活用し、栄養ケアに関連する総合的な提案を行っています。また、全国各地で開催される医学会において最新の臨床栄養に関する情報提供を行い、「栄養の力」で医療・介護現場の課題解決に貢献することを目指しています。