Sort results by
Sort results by
ネスレは、2025年までに主要な原材料の20%を再生農業により調達し、2030年までに50%を再生農業により調達することを目標としています。再生農業を支援する原材料は1,400万トン以上となります。

ネスレの温室効果ガス総排出量の約3分の2は、直接的な企業活動からではなく、土地利用の変化や農業に由来するものです。そのため、再生農業はゼロエミッションを目指すネスレの道筋の中核となっています。

再生農法の推進

再生農業とは、農地とその生態系を保全、回復することを目的とした農業システムです。過去に劣化したものを維持、持続、改善、回復させることを目的とします。再生農業の成果は、持続可能な食料生産の基盤を形成します。

ネスレは、50万以上の農業従事者と15万以上のサプライヤーのネットワークをはじめ、ネスレのフードシステムのパートナーと協力し、再生農法を推進します。

ネスレは、以下の方法で農業従事者がこの農法を採用するよう支援します。

  • 最先端の科学技術を応用して技術支援を行う
  • 投資サポートの提供
  • 再生農業の農産物に割増価格を支払う
farmer-planting-plantlet-wide
 

公正な移行

生態系を優先して大地を環境再生する農法への移行は、農業従事者にかかっています。この分野における公正な移行とは、農業従事者だけが移行の負荷やコストを負担するのではないことを意味します。この取り組みの一環として、ネスレは移行に伴う社会的、経済的な課題への対応を支援する新たなプログラムを開始します。

ネスレのバリューチェーンに関わる農業従事者には、新たな生活収入プログラムを導入します。今年中に、コーヒーとココアのサプライチェーンに関する計画を発表する予定です。

ネスレが推進したいと考えている最も重要な再生農業の手法について詳しくは以下をご覧ください。生物多様性の向上、土壌保全、水循環の再生、畜産インテグレーションなどが含まれます。