Sort results by
Sort results by
朝の活力源であるコーヒーですが、人によっては生活そのものでもあります。だからこそ、お客様に毎日の一杯を届ける人をサポートすることが重要なのです。

ネスレは、「ネスカフェ プラン」や「ネスプレッソAAAサステイナブル クオリティ」などのグローバルなコーヒーサステナビリティプログラムを通じて、世界中の20万以上のコーヒー農家と密接に協力しています。これらのプログラムは、農業従事者の生活向上の支援だけでなく、ネスレのリジェネレーション(環境再生)に向けた道のりの一環でもあります。

ネスレは、人と自然が調和しなければならないと考えています。そのために世界中の600人以上の農学者の専門知識を活用し、コーヒー農家がより生産的で持続可能な収穫ができるよう支援しています。

2010年から、ネスレは協力する農業従事者の方々を対象に、90万回以上の優れた農業方式に関する研修を行ってきました。習得した知識によって、農場の効率と品質を向上させることができます。研修のおかげでより多くの情報を得て、作物を多様化することができるようになりました。これによって経済的リスクを低減すると同時に、より効率的な灌漑方法を利用することで、生物多様性をさらに改善し、環境負荷を低減することができます。

 

ジェンダー平等の推進

協力する農業従事者の多くは女性です。女性が土地、信用や情報により良くアクセスできるよう推進し続けることが重要です。ネスレはこれを支援する取り組みを続けています。

ネスレはまず、ジェンダーバイアスへの対応から始めます。ネスレは、農業の多様性と公平性を向上させるために、農業パートナーや農学者を研修することをコミットしています。過去8年間に東アフリカで15,000人の女性を対象に、優れた農法、金融リテラシー、リーダーシップに関する知識を提供してきました。剪定、除草、マルチング(植物の株元をビニールシートなどで覆い保温、保水する)、収穫などのより良い農法について学び、作物をうまく商品化するノウハウも学びます。

女性たちは新しいスキルを身につけることで、収入を向上させることができます。経済的に自立することは、女性自身に力を与えるだけでなく、将来の道を切り開くことにもつながります。

 

次世代の農業従事者のために

ネスレは既存の農業従事者を支援するだけでなく、将来の世代にも情熱を注いでいます。ネスレは、2030年までに世界の1,000万人の若年層が経済的機会を得られるように支援することをコミットしました。その一環として、Nescafé Youthを設立、ホンジュラスの地方自治体と協力して、Coffee Quality Competence Centerを立ち上げました。

このイニシアチブは、コーヒー生産、優れた農法、コーヒーの品質について学ぶ場を若年層に提供します。またデジタルスキル、ビジネス感覚や自信を身につけることで、より良い雇用機会、あるいは起業につなげることができます。このイニシアチブを通じて、2025年までにホンジュラスで最大25,000人の若者を育成することをコミットし、メキシコ、コロンビア、ブラジルでも若年層向けの研修を拡大しています。

これらの行動はすべて、ネスレのリジェネレーションの取り組みを支えるものです。若年層に協力してもらうことで、彼らの創造性とイノベーションを引き出したいと考えています。より持続可能なコーヒー栽培モデルを構築し、コーヒー生産量を向上させ、コーヒーコミュニティにおける次世代のリーダーを育成するツールを提供しています。

regeneration-coffee-next-generation-wide