ネスレの歩み

1913
ネスレ・アングロ・スイス煉乳会社が英国ロンドンの極東輸出部の管轄で、横浜に日本支店を開設。
1922
日本支店、神戸に移転。
1933
淡路島の藤井煉乳と提携、藤井乳製品(株)を設立し、国内生産体制になる。その後、同社は淡路煉乳(株)と改称。
1940
日本支店がネスレ・プロダクト・カンパニー神戸支店と改称。
1960
淡路煉乳(株)とネスレ・プロダクト・カンパニー神戸支店の業務を一体化し、ネスレ日本(株)発足。
1961
ネスレ日本(株)として、初のTVCM「ぼくネスカフェです」放映。
1965
ネスカフェ国内生産に向け姫路工場完成。翌年生産開始。
1967
姫路工場でマギー製品の国内生産開始。マギー ブイヨン、ネスカフェ ゴールドブレンド発売。
1969
ネスレ ブライトクリーミングパウダー発売。
1971
姫路工場でネスカフェ ゴールドブレンド国内生産開始。
1973
島田工場完成。ネスカフェの生産開始。ネスレ ミロ発売。
1978
霞ヶ浦工場完成。ネスレ ミロ、ネスレ ブライト国内生産。
1979
ネスレ クレマトップ発売。
1980
ネスカフェ プレジデント発売。
1986
ネスプレッソ発売。
1987
フリスキー(株)設立。
1988
ブイトーニ事業がネスレ グループに参加。
1989
ネスレマッキントッシュ(株)設立。
1990
大塚製薬と業務提携。
ネスカフェ 缶コーヒー発売。
1992
ネスカフェ カプチーノ発売。
1993
ネスレ科学振興会設立。
1994
ペリエジャポン(株)がネスレ グループに参加。
ネスカフェ ボトルコーヒー発売。
1995
阪神・淡路大震災により本社、六甲アイランドに移転。
1998
ネスカフェ 香味焙煎発売。
1999
本社神戸・三宮のネスレハウスに移転。
マギーコンソメ発売。
神戸・三宮に「カフェ ネスカフェ」オープン。
2000
ネスティー発売。
自販機事業開始。
ネスレベバレジ(株)の業務を開始。
2001
ネスレ ジャパン グループを再編成。
ネスレ・スノー(株)設立。
ネスレマッキントッシュ(株)がネスレコンフェクショナリー(株)として活動開始。
2002
フリスキー(株)がネスレピュリナペットケア(株)として活動開始。
2003
ネスレ エアロ発売。
2005
ネスレベンディング(株)の業務を開始。
ネスレ栄養科学会議設立。
2006
ネスレ日本(株)を中心に5社体制で組織再編。
自販機事業の機構変更により9月からネスレ日本(株)、ネスレマニュファクチャリング(株)、ネスレコンフェクショナリー(株)、ネスレピュリナペットケア(株)の4社体制に。
2007
ノバルティスニュートリション(株)がネスレ グループに参加。
ネスカフェ ドルチェ グスト発売。
2008
ノバルティスニュートリション(株)がネスレニュートリション(株)として活動開始。
ネスカフェ チャージ発売。(現ネスカフェ エコ&システムパック)
ネスプレッソ事業部がネスレネスプレッソ(株)として活動開始。
2009
ネスカフェ バリスタ発売。
2010
組織再編により1月からネスレ日本(株)、
ネスレマニュファクチャリング(株)、ネスレニュートリション(株)、
ネスレネスプレッソ(株)の4社体制に。
7月からネスレ日本(株)、ネスレマニュファクチャリング(株)、ネスレネスプレッソ(株)の3社体制に。
「ネスレ アミューズ」サイトをオープン
「カフェ ネスカフェ 原宿」オープン
2011
ネスレ日本(株)がネスレマニュファクチャリング(株)を吸収合併。
ネスレネスプレッソ(株)との2社体制に。
2012
「ネスカフェ アンバサダー」展開開始。
2013
ネスレ日本創業100周年。
スペシャル.T発売。
2014
ガルデルマ(株)がネスレグループに参加。
ネスレの歩み