品質と安全性

ネスレは、最高品質の健康な食品・飲料をお届けし、お客さまに喜んでいただくことをコミット(約束)しています。

品質と安全性における研究開発の役割

ネスレの研究開発の組織には、品質と食品安全を専門とするネットワークが存在します。ここには、以下のようなさまざまな要素があります。

  • 安全性に関する潜在的問題を特定し、予防する「早期警戒ネットワーク(Early Warning Network)」
  • 迅速で信頼性の高い微生物学的安全性評価を提供する「微生物学的安全性ネットワーク(Microbiological Safety Network)」
  • 標準分析法を開発、改良する「分析法ネットワーク(Analytical Methods Network)」
  • 「グローバル分析ラボネットワーク(Global Analytical Laboratories Network.)」。ネスレには29の地域試験ラボがあり、分析データと品質保証のサポートを製造販売と研究開発に提供しています。
ネスレは、化学物質の同定と定量分析に高速液体クロマトグラフィーを使用しています。 ネスレは、化学物質の同定と定量分析に高速液体クロマトグラフィーを使用しています。

品質と安全性へのコミットメントの一環として、ネスレは化学物質の検出、定量分析でさまざまな方法を使用しています。ネスレの工場で使用する分析方法には、滴定法、ELISAとHPLCなどがあります。しかし、ネスレの地域ラボやネスレ リサーチセンターでは、UPLC、GCMS、LC-MS-MS、TOF-MSなど、さらに洗練された感度の高い方法を使用しています。

ネスレは、毎日数多くの品質検査を実施しています。工場レベルでは、1日あたり約20万件の分析結果を活用しています。ネスレはすべての原料と製品をモニターしており、地域ラボでは、毎日1万件の安全性に関する検査結果を提供しています。