ネスレのグローバルネットワーク

ネスレは、世界最大の食品栄養研究ネットワークを有する企業です。

5,000名を超えるスタッフが研究開発に従事しています。また企業や大学とコーポレートベンチャーファンドや研究パートナーシップを実施しています。

ネスレは4つのセンターで基礎研究を行っています。

  • ネスレ インスティテュート オブ ヘルスサイエンス (英文サイトへリンク) は、生物医学研究を通じて科学的根拠に基づき個人のニーズにあった栄養提案をしています。
  • ネスレ リサーチセンターは、製品のリノベーションやイノベーションに向けた科学的な知識と研究基盤を提供します。
  • 臨床開発部門は、医学的専門知識の提供と臨床試験の管理を世界中で実施しています。
  • トゥール研究開発センター(フランス)は、植物科学における科学的専門知識を提供しています。

ネスレ独自の先端技術製品開発は、世界中34カ所のプロダクトテクノロジーセンター&研究開発センターで行われます。

  • プロダクトテクノロジーセンターは、技術や製品に関する必要不可欠な専門知識をネスレの事業部門に提供します。
  • 研究開発センターは、地域のニーズを満たし、システム技術や健康科学など特定専門分野のノウハウを提供することで、グローバルに、そしてローカルにその役割を果たします。

関連サイト
Our global network