育成とキャリア開発

育成方針

ネスレには、「継続的な学習を通じた自己成長を怠らない」という価値観があり、この実践が社員に求められています。これは、若手社員だけではなく、中堅社員や管理職、マネジメントに至る全社員に求められています。

業務を通じて育成することを基本と考え、これらをサポートするために、多様な学習機会やツールを提供しています。また、社員一人ひとりには「自己のキャリアを考え、積極的に能力向上を目指す」という意識を持つ自律型社員であることが求められています。

研修体系

  • 社内研修
    新入社員研修、マネジャー研修、英語やPCのスキルアップ、営業・マーケティングなどの専門分野別研修、e-learningや通信教育などの指名型研修および自己啓発研修が充実しています。
  • 社外研修
    各種公開コースやビジネス・スクール(短期間コース)の受講機会を提供しています。
  • 海外研修
    スイスの本部には国際研修センターが設けられ、世界中から社員が参加しています。ここでは、ネスレが大切にしているバリューの共有と最新の専門知識の修得をはかるとともに、グローバルなビジネスを肌で学び、また、グループの仲間とネットワークをつくる絶好の機会となっています。  

キャリア開発

決まったジョブローテーションはありませんが、個人のキャリアの実現が図れるように、年に1回上司と面談を通じてキャリアの希望を申告できる制度や、応募して採用されれば希望する職種に就くことができる社内公募制度を整えています。