営業部門(飲料・食品・菓子)

植松 麻衣子 

一人ひとりのライフスタイルに応じたキャリアプランで仕事を続けられる 

現在の仕事の概要、やりがい、苦労話など

植松 麻衣子スーパー、コンビニ、百貨店、卸店と様々な業態の顧客に対して営業活動をしています。私が担当しているエリアは神奈川県の横浜から横須賀半島が中心です。営業活動では、小売店の本部のバイヤーや卸店セールスとの商談と、小売店での店頭活動を主に行っています。商談では、顧客である小売店本部などに行って、新製品の案内や月ごとの販促企画を提案しています。店頭活動では、各店舗の担当者とコミュニケーションをとって、商品のディスプレイのアドバイスやお手伝いもしたりします。店頭活動は商談と比べると地道ですが、次の企画のアイデアのヒントや競合他社の情報を収集出来るので、非常に重要な活動です。商談・店頭活動以外にもそれに伴う事務作業も多くあり、例えば顧客に対する見積書・提案書の作成や販売計画の立案・修正作業などがあります。

私とネスレ

植松 麻衣子ネスレは人材をとても大切にする会社です。私は、社員一人ひとりのライフスタイルに応じたキャリアプランで仕事を続けられることが一番の魅力と感じています。
私は、出産後、育児休業を取得した後に、職場復帰したのですが、この育児休業は男性社員も取得しています。また、復帰する際には、保育園への送迎に便利な「時間短縮勤務」という制度もあります。しかし私は、自分で仕事のペースを作っていける、そう思ってフルタイム勤務で復帰しました。想像以上に大変で、時間に追われる毎日ですが、大変充実しています。帰宅せざるを得ず、仕事の締め切りに間に合わない場合のために自宅でPC作業が出来るようにしてもらったり、環境の変化に応じたサポートをしていただいていることは本当に有難いです。

あなたが目標を持って取り組んでいる事は何ですか?

目標はたくさんありますが、営業としてお得意先と共に「消費者の心に強く訴えかけられる売場作り」を心がけています。消費者に一番近い営業として、ただ単にお得意先に製品を販売するのではなく、ブランド価値や製品自体の良さをお得意先と協働していかに消費者の皆様に伝えていくかを考えています。今はバリスタやドルチェグストというコーヒーシステムの販促や店頭イベントの実施についてお得意先と交渉する事が多いのですが、既存製品とは全く違う販促を考えることは非常に難しくもあり、やりがいを感じています。

今までのキャリア

2001年5月~(1年)
営業部門(飲料・食品・菓子) 埼玉
2002年4月~(6年)
営業部門(飲料・食品・菓子) 五反田
2008年1月~(1年2か月)
営業部門(飲料・食品・菓子) 横浜
2009年3月~(11か月)
産前産後休暇・育児休業
2010年4月~現在
営業部門(飲料・食品・菓子) 横浜

1日のスケジュール

1日のスケジュール 

休日の過ごし方

植松 麻衣子休日は、普段仕事で夫と子供に会えない分、三人で思いっきり遊びます。子供も休日を楽しみにしているようで、普段以上に甘えたりわがままを言ったりしますがそれも楽しいです。私も夫も海外旅行が趣味で、1年に1回は必ず出かけます。今年は子供が2歳になったので国際線は有料となった為、海外旅行はハワイだけでしたが、国内線は3歳まで無料なので北海道や四国と旅行を楽しみました。ネスレでは計画年休といって、まとめて休暇をとることが推奨されていますので、海外には遊びに行きやすいと思います。

事務系職部門紹介はこちら 営業部門(飲料・食品・菓子) 

北 美沙紀 

ネスレは「シゲキを与えてくれる場」 

現在の仕事の概要、やりがい、苦労話など

北 美沙紀現在は、主に京都市内のスーパー(小売店)に対して
「ゴールドブレンド」「ブライト」等の嗜好品やマギー製品の営業を行っています。主な活動内容としては「店頭活動」(1人でも多くのお客様に買ってもらえるような売り場作り、競合他社の情報収集、受注活動)と「本部商談」(販促提案やフェア企画の提案・実施の交渉)があります。
自分が提案・実施した企画に対して、バイヤーや店舗担当者から「お客様の反応良かったで!」「また次も企画お願いな!」と言って頂けたときには「営業をやってて本当に良かった!」と心底思います。

私とネスレ

北 美沙紀私にとって「ネスレ」は「シゲキを与えてくれる場」です。
ネスレはチーム意識が非常に強く、目標に対してメンバー各自が責任を持って自分の役割を果たすのはもちろん、お互いをサポートしながら切磋琢磨しようとする姿勢を常に持っています。先輩・後輩関係無くシゲキし合える関係が自然と生まれるため、日々「気持ち良く」仕事に打ち込むことができます!

あなたが目標を持って取り組んでいる事は何ですか?

北 美沙紀常に「隙間を狙う」営業活動を行うことを心がけています。他の製品分野に踏み込んだり、既存ルート以外でビジネスに繋がりそうな機会を模索する等、ネスレ製品を拡販できるチャンスがあるところは「できるかなぁ」ではなく「やったるで!」という気持ちで積極的に顧客にアプローチできるよう励んでいます。

今までのキャリア

2009年5月~(9か月)
営業部門(飲料・食品・菓子) 大阪
2010年2月~現在
営業部門(飲料・食品・菓子) 京都

1日のスケジュール

1日のスケジュール 

休日の過ごし方

北 美沙紀休日は同期や先輩と家でワイワイお酒を飲んだり、おいしいものを求め食べ歩きなどをして過ごしています。(食品会社に入っただけあってみんな食には貪欲です!)
また有給休暇もとりやすいので、同期と休みを合わせて地方にぶらり旅に出かけることもあります。自分次第で「思いっきり仕事して・思いっきり遊びまくる!」というスタイルが取れるので私には有難いですね。

事務系職部門紹介はこちら 営業部門(飲料・食品・菓子) 

奥村 まりこ 

ネスレで働く人の魅力にひかれて入社を決めました 

現在の仕事の概要、やりがい、苦労話など

奥村 まりこスーパーマーケットの本部および店舗、問屋に向けて飲料・食品・菓子製品の営業をしています。スーパーマーケットの本部での商談は、まず年間の販売計画の提案を行い、その計画に沿ってチラシや販促企画の提案を毎月行います。定期的に店舗を巡回し、担当者とのコミュニケーションを密に取り、売場を観察するようにしています。
私の商談技術がまだまだ高いものではないので苦労しますが、その分熱意が伝わるよう心がけており、最終的に商品が採用された際はとても嬉しく思います。

私とネスレ

奥村 まりこネスレの魅力は、『人が良い』ところです。元々食品業界が第一志望ではなかった私がネスレに入社したきっかけは、就職活動中にネスレの社員2人に会って話をした際に、「私もこの人たちのような素敵な社会人になりたい!」と思ったことでした。職種やその会社が扱う製品などにこだわらず、人の魅力にひかれてネスレへの入社を決めましたが、間違いは無かったと感じています。

あなたが目標を持って取り組んでいる事は何ですか?

奥村 まりこ新しく担当することになったお取引先の売上を伸ばすことです。今までの担当企業とは店舗の規模が全く異なるため、今まで行っていた顧客へのアプローチでは通用しません。今までその取引先とは友好な関係が構築できていなかったので、まずはキーパーソンに直接アポイントを取り、商談できるよう働きかけようとしています。また、これまでの経験を活かし、その取引先に提案出来ていなかったことも、自分なりに提案していこうと思っています。

今までのキャリア

2007年5月~現在
営業部門(飲料・食品・菓子) 大阪

1日のスケジュール

1日のスケジュール 

休日の過ごし方

奥村 まりこ私は旅行が大好きなので、連休が取れる際は旅行へ行きます。数えてみると入社以来約4年の間に15カ国旅行しています。そのうちの一つであるグアムは、会社の同期・後輩と一緒に行きました。北は仙台、南は福岡と働く地は皆バラバラですが、グアムで現地集合して休日を楽しみました。普段の土日の休日は学生時代からの友人や、社会人になってから出会った他の食品メーカーの友人と遊びに出かけています。

事務系職部門紹介はこちら 営業部門(飲料・食品・菓子) 

小島 孝浩 

「中長期的に大切なこと」を優先的にスケジュール化・実践する 

現在の仕事の概要、やりがい、苦労話など

小島 孝浩私は現場でセールスを6年半経験した後、現在、「カテゴリーマネジメント推進ユニット」という新設チームで仕事をしています。
仕事内容は、市場データやスーパーマーケットなどの顧客の売上データなどを分析し、セールスが商談で使う企画書作りなどを行っており、時には作成した企画書を基に、セールス担当と一緒に商談に参加して提案することもあります。
私は、ネスレ・顧客両社の売上と利益の最大化を目標に、課題解決を図りWin-Winの関係を作り上げていけることに、この仕事のやりがいを感じています。

私とネスレ

小島 孝浩私にとって、自由でアットホームな雰囲気と「人」がネスレの一番の魅力です。
就職活動中に最終的にネスレを選んだのも、社員の雰囲気が一番好きだったからです。
仕事中には役職や年齢関係なく協力しながらアイディア・成果を出したり、オフのときには社員の家族同士で花見&バーベキューをしたり、と公私ともにアットホームな感じです。
尊敬できる人も多く、本当にネスレに入社してよかったなー、と思っています。

あなたが目標を持って取り組んでいる事は何ですか?

小島 孝浩私は、仕事の質と効率を上げるために、つい先延ばししがちな「中長期的に大切なこと」を優先的にスケジュール化・実践することに取り組んでいます。
具体的には、いつもの仕事にもっと有効なやり方がないかを考えたり、毎日目標を立てたり、他業界の情報収集・自己啓発をしたりしています。
なぜなら、目の前の仕事をこなすことばかりに集中していると視野が狭くなり、発想が貧困になったり、無駄に時間がかかったりすると考えているからです。

今までのキャリア

2004年5月~(6年6か月)
営業部門(飲料・食品・菓子) 横浜
2010年11月~現在
営業部門(飲料・食品・菓子) 東京

1日のスケジュール

1日のスケジュール 

休日の過ごし方

小島 孝浩私は友人と遊ぶ日以外は、趣味に没頭して休日を過ごします。
音楽を聴くこと、ギター、カメラ、ドライブ、ジョギング、ゴルフ、料理、ラーメン…社会人になって自由に使えるお金が増えたことでどんどん趣味が増加中です。
そして、ついにラーメンは食べるだけから麺・スープ・具を自作するようになってしまいました。(笑)

事務系職部門紹介はこちら 営業部門(飲料・食品・菓子) 

ページ上部に戻る