生産部門(生産技術/製造・品質)

道面 寛隆 

技術力やノウハウを積み上げていく、チーム一人ひとりの情熱が大切 

現在の仕事の概要、やりがい、苦労話など

道面 寛隆カップセット(コーヒー、クリーマー、砂糖、スプーンをカップに入れてセットしたもの)とドルチェグストという製品の充填包装ラインを管理、監督しています。
決められた製造計画に基づき、高品質で安全なネスレ製品を、適正な場所・時間・コストで製造するために、日々の問題点や課題を現場の人たちと共に解決しています。
安全や品質、効率、コストの面で掲げた目標を達成するために、チーム全員で改善活動に取り組んでいます。

私とネスレ

困った時にみんなが助けてくれた時は、この会社に入って良かったと思いました。
人それぞれが仕事を抱えて忙しいながらも、困った人が手を上げてはっきりと意思表示をすると、職場全体、工場全体がサポートをする風土がこの会社にはあります。
また、プロジェクトによっては、エンジニア、パッケージ、製造ラインに関わる全てのスタッフと関わりながら仕事を行ったりと、若いうちからいろいろな部門と関われたことで、さまざまな経験ができたことも本当に恵まれていると思います。

あなたが目標を持って取り組んでいる事は何ですか?

誰もが認める生産ラインをチーム全員で作り上げることです。安全な職場、高い品質はもちろんのこと、機械の故障や停止がない、効率の良いオペレーションを実現することが私の目標です。技術力やノウハウは確かに必要なことですが、それを積み上げていくチーム一人ひとりの情熱が大切なことだと、日々痛感しています。常日頃からメンバー一人ひとりと対話して、より活気のある職場作りに努めています。

今までのキャリア

1998年4月~(1年8か月)
営業部門(業務用) 東日本営業所
2000年1月~(2年5か月)
マーケティング部門(業務用食品) 神戸本社
2002年6月~(3年10か月)
生産部門 島田工場 応用開発(クリーマー、ニュートリション)
2006年4月~(3年10か月)
生産部門 姫路工場 生産技術/製造(コーヒープロセス)
2010年2月~現在
生産部門 姫路工場 生産技術/製造(充填包装)

1日のスケジュール

1日のスケジュール 

休日の過ごし方

道面 寛隆現在の休日の中心には子供がいます。公園や遊園地、買い物も子供が楽しめそうなところを選んで家族みんなで出かけます。子供が生まれる前とは、休日の過ごし方やスタイルもグッと変わったと思います。
連休などを利用して、家族で温泉に行ったりもします。ゆったりとした時間の中で、家族団らんを楽しむ、そんな休日が、今の私にとって最高の休日です。

技術系職部門紹介はこちら 生産部門(生産技術/製造) 

伊藤 俊介 

いつでも、お客様に喜んでいただけるネスカフェをつくるために 

現在の仕事の概要、やりがい、苦労話など

伊藤 俊介ネスカフェのソリュブルコーヒーとPETボトルコーヒーを製造している島田工場で、品質保証を担当しています。製品が正しく製造されたことを、工程のチェックと、製品の官能検査、理化学検査、微生物検査により確認し、製品の出荷許可を出しています。
いつでも、お客様に喜んでいただける高品質のネスカフェをつくるため、製造現場への品質サポートにも力を入れ、
またネスレ独自の品質管理システムや国際認証ISO22000の維持、向上も進めています。

私とネスレ

伊藤 俊介アメリカの研究開発センターに2年間赴任し、ネスカフェの開発業務を経験しました。スイスやドバイでは、世界中のネスレ社員が集まるワークショップに参加しました。ロシア、韓国では、新しいプラントの立ち上げや技術サポートのプロジェクトに参加しました。さまざまな国で世界中の仲間達と出会える機会があることに大変感謝しています。

あなたが目標を持って取り組んでいる事は何ですか?

さらなる品質の向上が目標です。ハインリッヒの法則の1:29:300がよく言われますが、品質においても1つのトラブルの背後には、必ず不適切な状態や行動が潜んでいます。お客様に喜んでいただける高品質なネスカフェをつくるため、日々そういった小さな改善を積み重ねています。

今までのキャリア

1999年5月~(3か月)
生産部門 イニシャルトレーニング
1999年8月~(2年5か月)
生産部門 姫路工場 製造
2002年1月~(2年3か月)
生産部門 島田工場 応用開発
2004年4月~(2年)
海外赴任 PTC Marysville (アメリカ) 開発
2006年4月~(5年)
生産部門 島田工場 製造
2011年4月~現在
生産部門 島田工場 品質保証

1日のスケジュール

1日のスケジュール 

休日の過ごし方

伊藤 俊介休日は家族と過ごします。買い物へ行って、自分たちがつくっている製品が並んでいると、やっぱりうれしいです。それから、島田工場のある静岡は、山もあり、海もあり、おいしいものもたくさんあるので、ちょこっとお出かけしたりして、リフレッシュしています。

技術系職部門紹介はこちら 生産部門(品質) 

ページ上部に戻る