ネスレ アソシエイト制度

ネスレ日本は、「採用内定者制度」を刷新し、アソシエイト*(内定者)の主体的なキャリア形成を支援する新制度「ネスレ アソシエイト制度」を導入します。内定者を、入社前であっても「ネスレの仲間・同僚」ととらえ、従来使ってきた呼称「採用内定者」を使用せず、本制度の導入に伴い「アソシエイト」*とすることにいたしました。
(*「アソシエイト」:英語で「仲間・同僚」の意味)

「ネスレ アソシエイト制度」は、アソシエイト(内定者)の「主体的なキャリア形成」を支援する新制度です。アソシエイトの「採用選考時の評価」から「強み・育成点」を整理。人事担当者がアソシエイトにフィードバックを行います。それをもとにアソシエイトが自らキャリア形成プランを作成します。

このプラン実現に向け、ネスレは社員が利用している自己啓発メニュー(通信教育、Eラーニングプログラム)、人事担当者ら社員との面談などの支援ツールをアソシエイトに提供します。ただし、これらの支援ツールを利用するかどうかはアソシエイトの主体性に委ねます。学業やスポーツ、アルバイト、留学など自ら手に入れられるリソースを活用したプランの実現も認めます。

ネスレは、自らの強みと育成点について上司と部下が話し合い、キャリア形成プランを共有するPDG(Progress & Development Guide)制度を全世界の従業員に導入しています。上司からの指導・OJTや社内研修、自己啓発メニュー等を通じて、プランを実行しています。
「ネスレ アソシエイト制度」はこの考えに則ったものです。ネスレはキャリア形成が企業に入社してスタートするのではなく、入社する前から始まっているものと考えます。キャリア形成プランを共有する“ネスレ流”の育成に触れ、学生生活をより充実したものにできるようサポートしたいと考えたことが本制度導入のきっかけとなりました。

この「ネスレ アソシエイト制度」は、あくまでもアソシエイトに認定した学生のみなさんの生活を充実したものにするためのサポートであり、ネスレとアソシエイトとの相互の活動や意思を拘束するものではありません。通年採用選考プロセス「ネスレパスコース」、技術系職対象の「技術系職選考コース」、エンジニア職対象の「サマーインターンシップコース」の内定者に適用していきます。

<ネスレ アソシエイト制度 概念図> ネスレ アソシエイト制度 概念図