「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権」 2014年9月12日(金)~14日(日) 葛城ゴルフ倶楽部にて開催

一覧へ神戸,4 1, 2014

ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役社長兼CEO:高岡 浩三、以下「ネスレ日本」)は、「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権」を9月12日(金)~14日(日)の3日間、葛城ゴルフ倶楽部にて開催します。

リーマンショック以降、企業のグローバル化が叫ばれていながら、海外で活躍したいという意欲に燃えた人々が減少傾向にありますが、その中でも夢を抱き、その実現に向け自分の可能性を試したい世界に挑戦しようとする人々はいます。そういった方々をネスレ日本は積極的に応援したいという想いがありました。
日本で創業して100年もの間、日本独自のイノベーションを起こし続け、グローバルのネスレの中でも存在感を示し続けきたネスレ日本と、己の技(戦略)を磨き世界の強豪達の中で活躍を続けてきた片山晋呉プロ(以下「片山プロ」)の、“グローバルリーダーとして活躍するために挑戦し続ける人達に、世界で戦うという志を届けたい”という共通の想いが、ゴルフトーナメント開催という形につながりました。

本大会の目的は、グローバルな活躍を目指すゴルフファーへ、片山プロのDNAである「世界で勝つために大切なことは、“勝ちたいという強い想い”」と、ネスレ日本の「世界で勝つための戦略」を伝え、海外への挑戦を支援することにあります。

本大会は“マッチプレー方式”が採用され、1対1の対戦において要求される心理作戦やコースマネジメントなど、現行の日本ツアーでは見ることのできないマッチプレー独自の魅力も伝えていきます。優勝者には優勝賞金4,000万円に加えて副賞としてグローバルチャレンジサポート1,000万円が与えられ、海外への挑戦を支援していきます。

ネスレ日本は、これからの100年に向け、グローバルリーダーとして活躍することを目指す人を応援してまいります。

プレスリリースの全文はこちらをご覧ください。