日本人の「ありがとう」を徹底解剖! キットカット 調査リリース

一覧へ神戸,9 24, 2013

ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO 高岡 浩三、以下「ネスレ」)は、
「キットカット」の日本発売40周年を記念し、2013年9月1日より「ありがとう & Have a break®」をテーマに40周年キャンペーンを展開しています。これに因み、ネスレではキャンペーンのキーワードである「ありがとう」をテーマに、全国の10代~50代の男女1,000人を対象として、「日常の感謝行為」に関するアンケートを実施しました。

①「ありがとう」の格差とは!?―自分は“言っている”のに人からは“言われない”!?
■「“ありがとう”を言う回数 > 言われる回数」という「ありがとう」の格差現象
1日に「ありがとう」を言う平均回数は7.5回。対して、言われる回数は4.9回で、言う回数の約3分の2に留まり、「ありがとう」の“格差”が見られました。自分が“言っている”ほどは“言われていない”と感じられているようです。

②不器用な「ありがとう」の実態とは!?―最も「ありがとう」を言えていない相手は「親」!?
■「同僚」には言っても「親」には言わない「ありがとう」の言葉
同僚に意識して「ありがとう」を言っている人は87.3%。対して、自分の親に意識して「ありがとう」を言っている人は61.5%。身近な人ほど感謝の言葉をかけられない、「ありがとう」下手で“不器用”な日本人の実態が浮き彫りになりました。

■現代日本男児の「ありがとう」回数、おじさんは若者の半分!?
男性は上の年代ほど「ありがとう」を言う回数が減り、50代男性の平均(4.3回)は、10代男性の平均(7.8回)の半分に留まります。現代日本では、おじさん世代ほど「ありがとう」に“不器用”なようです。

③「ありがとう」のおトクなパワーとは!?―ストレス知らず! 幸福度アップ! 景気回復? 「ありがとう」は天下の回りもの!!
■「ありがとう」をたくさん言う人はトレスを引きずらず、幸福度も高い
「ありがとう」をたくさん言う人ほど精神的なストレスを引きずりにくいことが分かりました。「ありがとう」を1日に20回以上言う人の36.6%がストレスを受けても1日経てば忘れており、全く言わない人の40.5%が1週間以上引きずるのとは対照的な結果に。加えて、20回以上言う人の幸福度(平均6.8点)は、全く言わない人(平均4.4点)の1.5倍に上っており、ポジティブで“おトク”な「ありがとう」の効果が明らかになりました。

■「ありがとう」をたくさん言う→「ありがとう」をたくさん言われる→景気の受け止め方が良くなる!?
「ありがとう」を言われる回数が多い人は、景気の受け止め方が良くなります(0回の人の平均3.7点/20回以上の人の平均5.0点〈自身が感じる景気の良さを10点満点で採点〉)。「ありがとう」をたくさん言う人ほど言われる回数が増える、という結果も出ており、『「ありがとう」をたくさん言う→たくさん言われる→自身が感じる景気がアップ』という“おトク”な循環が見られました。

◆その他のリサーチトピックス
■「ありがとう」を言いたい職業のトップ3は、「コンビニ・スーパーなどの店員」「バス・タクシーなどの運転手」「医師」

■日本人の2人に1人が、お菓子と一緒に「ありがとう」を伝えている―中でも定番はチョコレート!!
感謝の言葉と一緒にお菓子や飲み物を渡す習慣がある人は48.6%に上り、最も渡されていたのは「チョコレート」でした。

「日常の感謝行為」に関するアンケート調査概要
【調査期間】 2013年7月16日(火)~7月19日(金)
【調査対象】 10代~50代の男女1,000名
【調査方法】 インターネット調査

▼言うほどには伝わっていない「ありがとう」の実態―2億5,000万回の「ありがとう」は何処へ?
1日に「ありがとう」を言う回数の全体平均は7.5回。日本全国で1日におよそ7億5千万回もの「ありがとう」が交わされていることになります。一方、1日に「ありがとう」を言われる回数の平均は4.9回と、言う回数の3分の2程度に留まります。すべての性別・年代において「ありがとう」を言われる回数が言う回数を下回っており、自分が“言っている”ほど人からは“言われていない”と感じてしまう「ありがとう」の格差が明らかになりました。言っているつもりでも相手の意識に残らなかったり、伝わっていない「ありがとう」がたくさんあるとも考えられます。

▼「ありがとう」の安売りをしない50代男性―10代男性の半分しか「ありがとう」を言わない!?
性別・年代別でみると、最も「ありがとう」を言っているのは20代女性で平均11.6回、最下位は50代男性で平均は4.3回でした。男性は上の年代ほど「ありがとう」を言う回数が減り、50代の平均4.2回は、10代の平均7.8回の約半分。ただし、言う回数と言われる回数に差が見られなかったのも50代の男性で、「ありがとう」が伝わった回数しか言わない、効率的!?な結果に。

▼部下の思いが上司に伝わらないのは当たり前!?
上司・部下間での「ありがとう」の回数について尋ねたところ、上司に対して「ありがとう」を言う回数は、言われる回数を上回ると答えた人が77.2%と圧倒的多数に。一方、部下に対して「ありがとう」を言う回数が、言われる回数を上回ると答えた人も53.9%に上り、言われる回数よりも言う回数の方が多いと感じている上司の方が多いことがわかりました。
部下が上司に伝えているつもりでも伝わっていない、上司は自分の方が伝えているつもり、という上下関係の意思疎通の難しさを感じさせる結果となりました。

▼身近な人ほどうまく言えない「ありがとう」―最も「ありがとう」を言えていない相手は「親」!
「ありがとう」は誰に向けられることが多いのでしょうか。「親」「配偶者」「恋人」「友人」「同僚」のそれぞれに対して、意識的に「ありがとう」を言うようにしているか尋ねたところ、「同僚(87.3%)」「友人(85.0%)」「恋人(84.3%)」「配偶者(77.1%)」と身近になるに従い割合が下がり、最も身近な「親」に対して「ありがとう」を言うようにしている人は61.5%に留まりました。身近な人になればなるほど感謝の気持ちをなかなか伝えられない、「ありがとう」下手な日本人の実態が浮き彫りになりました。

▼「ありがとう」がストレスを吹き飛ばす―言う回数が多い人ほど精神的ダメージを引きずらない!?
1日に「ありがとう」を言う回数が多い人ほど、悲しいこと、傷ついたこと、腹が立ったこと、失敗などに日常の精神的ダメージを引きずらない傾向が見られました。1日に「ありがとう」を20回以上言う人の36.6%が、1日経てばストレスを忘れられると回答。対照的に、全く言わない人の40.5%がストレスを1週間以上引きずっています。この割合は、20回以上言う人では25.8%に留まります。「ありがとう」には、言葉にすることでストレスを低減する力があるのかも知れません。

▼「ありがとう」は、魔法の言葉―言葉に出すだけで自分自身も幸せに!
現在の自身の幸福度を10点満点で採点してもらったところ、1日に「ありがとう」を言う回数に比例して、幸福度が高い結果に。20回以上「ありがとう」を言う人(平均6.8点)は、全く言わない人(平均4.4点)の約1.5倍の幸福を感じていることがわかりました。
「ありがとう」という言葉には、ストレスを吹き飛ばすだけでなく、自分自身を幸せにする力もあるようです。

▼「ありがとう」は天下の回りもの―幸せや好景気となって返ってくる「ありがとう」の言葉!?
「ありがとう」を言われる回数別に幸福度を調べたところ、「ありがとう」を言う回数同様、回数に比例して幸福度が高い結果になりました。20回以上言われる人の幸福度(平均7.1点)は、全く言われない人(平均4.8点)の約1.5倍。さらに、言う回数が多い人(20回以上の平均6.8点)よりも言われる回数が多い人(20回以上の平均7.1点)の方が幸福度が高いことがわかりました。
また、現在自身が受け止めている景気の良さについて10点満点で採点してもらったところ、こちらも「ありがとう」を言われる回数が多い人ほど高いスコアに。20回以上言われる人(平均5.0点)は、全く言われない人(平均3.7点)に比べ、約1.4倍も景気が良いと感じていることがわかりました。
1日に「ありがとう」を言う回数が増えるほど、言われる回数も増える、という顕著な結果も。「ありがとう」をたくさん言えば言うほど自然と言われる回数も増え、その結果、自身が感じる幸せや景気まで良く感じていく、という正の循環が生まれるようです。「ありがとう」は、人と人との間を循環しながら気分をポジティブにしてくれる言葉なのかもしれません。

▼キーワードは身近な“癒し”―「ありがとう」を言いたい職業
「ありがとう」を言いたい職業をフリーアンサーで聞いたところ、「医師」「警察官」などを抑え「コンビニ・スーパーなどの店員」「バス・タクシーなどの運転手」が上位にあがりました。理由としては、「よく利用するから」「『ありがとうございました』と言われてついつい返したくなる」「対応が丁寧だから」と、身近な存在でありながら、その丁寧な対応に感謝したい人が多いようです。

▼一番印象に残っている「ありがとう」のエピソード ~フリーアンサーより~
これまでで一番印象に残っている「ありがとう」を言われたエピソード、「ありがとう」を言ったエピソードをフリーアンサーで聞いたところ、実にさまざまな声が寄せられました。なかでも、印象的な「ありがとう」のエピソードをご紹介します。

【「ありがとう」を言われたエピソード】

  • 「関西に住んでいたとき飲食店でバイトをしていたのですが、会計のときにお客さんも「ありがとう」ということに驚いた」
    (東京都/20代/女性/無職)
  • 「シルバーカーで困っているお年寄りに手を貸したら『ありがとう』と笑顔で言っていただいた」
    (東京都/40代/女性/パート・アルバイト・フリーター)
  • 「告白した返事がありがとう。付き合うことはできないけど、そう言ってくれたことは嬉しかった」
    (埼玉県/20代/男性/学生、浪人生)
  • 「部下の失敗をフォローしたとき。自分もいい上司になれてうれしかった」
    (埼玉県/40代/男性/会社員・会社役員)

【「ありがとう」を言ったエピソード】

  • 「すごく落ち込んでいた時に何度も何度も励ましてくれた友人には今でも感謝しています」
    (宮城県/10代/女性/学生・浪人生)
  • 「親が亡くなったとき、心の底からありがとうと言って送りました」
    (埼玉県/30代/男性/会社員・会社役員)
  • 「生まれてきてくれてありがとうと子供に伝えた時」
    (兵庫県/40代/女性/パート・アルバイト・フリーター)
  • 「宝くじが当たったので『当選金の1万円をください。』と窓口で言ったら現金1万円をくれたので『ありがとう』と言った」
    (東京都/50代/男性/会社員・会社役員)

日本人が選んだ「ありがとう」の“相棒=ベストパートナー”はチョコレート!!
「ありがとう」を伝える「チョコミュニケーション」で景気回復!?
「ありがとう」の気持ちを後押しする「キットカット」“ありがとう”バージョンが登場

日本人にとって「ありがとう」アイテムの定番といえばチョコレート!?
■2人に1人がお菓子と一緒に「ありがとう」を伝えている
感謝の言葉と一緒にお菓子や飲み物を渡す習慣の有無を尋ねたところ、そうした習慣がある人は2人に1人(48.6%)に上りました。また、そうした場面で最も渡されていたのは「チョコレート(習慣がある人の45.3%)」でした。感謝の気持ちと一緒にチョコレートを渡す行為は、広い世代で親しまれています。

■相手を喜ばせるだけでなく心と体の“ブレイク”を届ける効果も
「ありがとう」と一緒にお菓子や飲み物を渡されたときのリアクションについて尋ねたところ、「うれしい(70.6%)」に次いで「気持ちがほぐれる(37.5%)」がランクイン。「一息つこうと思う(22.4%)」という意見も聞かれ、こうした行為は渡した相手に喜ばれるだけでなく、心と体のブレイクを届けるという面でも一役買っているようです。

日本人の「ありがとう」を40周年の「キットカット」でサポート!!
今回ネスレが行った、「日常の感謝行為」に関するアンケート調査では、「ありがとう」という言葉が持つポジティブなパワーが明らかになりました。「ありがとう」をたくさん言う人は、ストレスを溜め込まず、幸福度も高い傾向にあります。また、「ありがとう」をたくさん言う人は、言われる回数も多く、それによって自身が感じる景気の良さまでアップします。
そんなポジティブなパワーを持つ「ありがとう」を強力にサポートするためのアイテムが、「キットカット」に登場です。

■「ありがとう」サポートアイテム! “ありがとうキットカット”が登場
ネスレは「キットカット」の日本発売40周年を記念し、新商品を含む5商品を特別パッケージの“ありがとうキットカット”として9月上旬から順次販売しています。
2003年から実施している受験生応援キャンペーンをきっかけにメッセージツールとしての使い方が広がり、今では、パッケージに応援や感謝の気持ちを手書きして贈り合う習慣が浸透した
「キットカット」。そんな「キットカット」を通じて、普段伝えたいのになかなかうまく伝えられていない「ありがとう」の気持ちを楽しく届けて欲しいという願いを込めて“ありがとうキットカット”をつくりました。
個包装一つ一つに「いつもありがとう」、「ひと息いれてね」、「Thank you!」、「チョコッと御礼」など、渡した相手に感謝の気持ちを届けるワンフレーズを記載。個包装ならびに外包装にはAR※1を搭載し、専用アプリを起動させたスマートフォンをかざすことでキャンペーンアーティスト・絢香さんが書き下ろした新曲『ありがとうの輪』の3Dライブ(AR技術を使ったライブ動画)をお楽しみいただけます。周囲の人たちに気軽に、そして楽しく感謝の気持ちを伝えていただける「ありがとう」サポートアイテムです。
ネスレは、「キットカット」を「ありがとう」サポートアイテムとして、日本に一つでも多くの「ありがとう」を増やし、それによって日本人の幸福度向上や心のブレイク、そして景気回復まで後押しします。

参考:「ネスレ キットカット」40周年キャンペーンの紹介
【期 間】 2013年9月1日(日)~2014年2月28日(金)
【内 容】
①40周年記念特別パッケージの販売

  • 「ネスレ キットカット」の既存3商品と新フレーバー2商品を、40周年記念の特別パッケージで期間限定販売します。既存商品の「ネスレ キットカット ミニ 15枚入」「同 3枚入」「ネスレ キットカット
    ミニ オトナの甘さ 13枚入」は9月上旬より順次店頭入れ替え。新フレーバーの「ネスレ キットカット ミニ オトナの甘さ ストロベリー 3枚入」は9月9日より全国のコンビニ限定販売、「同 12枚入」は9月23日より全国で販売。
  • 個包装には、「いつもありがとう」「ひと息いれてね」「おつかれさま」「チョコッと御礼」など、渡した相手に感謝の気持ちを伝えるワンフレーズを記載しました。「キットカット ミニ」は18種類、「キットカット ミニ オトナの甘さ」「同 ストロベリー」には各12種類のデザインをご用意。さまざまなシチュエーションに合わせた“ありがとう”を届けることができます。
  • 特別パッケージの個包装・外包装にAR※1を搭載。無料アプリ「キットカット」を起ち上げたスマートフォン(iPhone、Android)で、パッケージ※2を読み込むと、キャンペーンアーティスト・絢香さんが書き下ろした新曲『ありがとうの輪』の3Dライブ(AR技術を使ったライブ動画)をお楽しみいただけます。

※1 「Augmented Reality(オーグメンテッド・リアリティ)」=「拡張現実」の略で、バーチャルリアリティ技術の1つ。現実環境にデジタル情報を組み合わせて、現実世界を拡張する技術のこと。
※2 対象商品の個包装パッケージと外包装パッケージの何れでも3Dライブがお楽しみいただけます。

<キャンペーン商品概要>

商品名 種類別
名称
熱量
(1枚
あたり)
内容量 希望
小売
価格
(税込)
発売
地域
発売日
ネスレ
キットカット
ミニ
15枚入
チョコ
レート
68kcal 15枚 525円 全国 9月上旬
より
順次入替
ネスレ
キットカット
ミニ
3枚入
チョコ
レート
68kcal 3枚 105円 全国 9月上旬
より
順次入替
ネスレ
キットカット
ミニ
オトナの甘さ
13枚入
準チョコ
レート
菓子
67kcal 13枚 525円 全国 9月上旬
より
順次入替
ネスレ
キットカット
ミニ
オトナの甘さ
ストロベリー
12枚入
菓子 70kcal 12枚 525円 全国 9月23日
(月)
発売
ネスレ
キットカット
ミニ
オトナの甘さ
ストロベリー
3枚入
菓子 70kcal 3枚 126円 全国
コンビニ
限定
9月9日
(月)
発売

※製品1枚あたりの熱量の栄養素等表示基準値に対する割合 3%

②キットカット『ありがとう応援隊』を特設サイトで公開中
キャンペーンの一環として、“ありがとうを伝えたい人たち”を強力にサポートするWEBコンテンツ、
キットカット『ありがとう応援隊』の特設サイトを公開しています。『ありがとう応援隊』は、依頼者の「伝えたいけれど、伝えられていない“ありがとう”」を相手に届けるサポートをする助っ人軍団。メンバーは、隊長のルー大柴以下、ノッチ(デンジャラス)、川崎亜沙美の3名です。迷子の“ありがとう”を抱えた依頼者のもとに駆けつけ、一緒になって解決します。
「“あのとき言えなかったありがとう”を伝えたい!」「“照れくさくて伝えられないありがとう”を伝えたい!」、そんな気持ちを特設サイトから投稿してください。依頼が採用された3名のもとを、実際に『ありがとう応援隊』が訪問。依頼者の“ありがとう”を相手に届けるお手伝いをします。
なお、『ありがとう応援隊』が依頼者の迷子の“ありがとう”を解決する模様は、順次サイト上にて動画で公開します。

『ありがとう応援隊』に続々と寄せられる依頼を一部ご紹介

▼名前も知らないんだけど

  • 去年の冬、車通勤中に予報外の急な大雪。坂道で次々に車がスリップしていく中、妊娠5カ月だった私の車もついにスリップ。焦りと恐怖の中、後ろから車を押してくれた男性がいました。本当に助かりました。今では無事に1児の母です。ありがとう!!
  • 20数年前に突然父が自宅で具合が悪くなり、着のみ着のままで、タクシーを呼び救急病院に駆け込みました。その時、うっかり財布を忘れてしまい、タクシー代を払えず、後日と思っていましたが、ドライバーさんがとても良心的な方で、「一刻を争う時に、今はそんなことを言ってる暇はないので、人助けをしたまでなので」と走りさってしまいました。父の命を救って下さった、ドライバーさんに感謝の気持ち伝えたい。ありがとう。

▼結局言えなかったけど

  • 昔の初恋の同級生にありがとう。おかげで毎日学校に行くのが楽しかったです。
  • 本当はガラス割ったの自分なのに、かばってくれてありがとう。

▼あのとき素直に言えなかったけど

  • 結婚式の両親への手紙…日頃の感謝の気持ちとここまで育ててくれた感謝の気持ちを伝えたかったけど恥ずかしくて全然違う手紙にしちゃいました…でもほんとに感謝してます。私も親になり感謝しきれない気持ちでいっぱいです。あのとき素直に言えなかったけどここまで育ててくれてありがとう。
  • かわいがってくれてじいちゃんばあちゃんありがとう。

【『ありがとう応援隊』概要】
■投稿受付期間
2013年9月5日~2013年11月28日
■投稿方法
特設サイト内の専用フォームから投稿
■サイトURL
パソコン:http://b.nestle.co.jp/kitkat/arigato/
携帯電話・スマートフォン:http://b.nestle.co.jp/m/kitkat/arigato/
■投稿特典
投稿内容が採用された方3名のもとに『ありがとう応援隊』が訪問。
依頼内容を解決します。
ご投稿いただいた方先着5,000名に、「Google PlayTM 500円分」をプレゼント。
ご投稿いただいた方の中から抽選で40名に、「キットカット」が詰まった「40周年ありがとう鏡開きセット」をプレゼント。