ネスレ日本株式会社 2015年 年頭所感

一覧へ神戸,1 1, 2015

2015年1月1日

ネスレ日本株式会社 2015年 年頭所感

ネスレ日本株式会社
代表取締役 社長 兼 CEO
高岡 浩三

2015年の新春を迎え、謹んで新年のお慶びを申し上げます。
また、旧年中は格別のご支援、お引き立てを賜り、心より御礼申し上げます。
 
弊社は、成熟先進国の日本で、栄養・健康・ウェルネス企業として、21世紀型日本的経営モデルの構築を目指しております。あらゆる部門でマーケティングを実践し、変化をビジネスチャンスと捉え、製品やサービスを通じて、お客様に喜んでいただける付加価値を創造してまいります。さらに、急速に進む高齢化社会に向けて、健康的に長生きしたいというニーズへの取り組みを強化してまいります。

2015年は、消費税増税後の消費マインド冷え込み、為替変動、原材料の高騰など、いっそう厳しい経済環境が予想されるなか、いかにお客様にとって「価値」を提供できるかがますます重要になると考えます。

一杯抽出型コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」「ネスカフェ ドルチェ グスト」のように、少人数世帯の増加やお客様の嗜好の変化を捉えた製品やサービスを開発し、引き続き新しい
ライフスタイルを提案いたします。家庭内と同様に、オフィス向けの「ネスカフェ アンバサダー」、
レストランやカフェ向けの「カフェ ネスカフェ サテライト」、そしてスーパーマーケットなどを対象にした「カフェ・イン・ショップ」のビジネスモデルを通じて、家庭外での消費拡大を目指した取り組みも継続します。

また、お客様の利便性を考え、毎日消費される製品や重量のある製品、または希少性や様々なニーズがある製品など、オンラインショップの特性を生かした取り組みもさらに強化してまいります。

一方、間接部門でもお客様にとっての価値を考え、様々な取り組みを行っています。例えば、営業部門では、ソフトバンクロボティクス社が開発する世界初の感情認識パーソナルロボットPepperを
「ネスカフェ」のコーヒーマシン売り場の接客に活用し、新しい買い物体験を提供する取り組みも始めています。
また、人事部門においては、弊社社員一人一人が新しいアイデアを考え、実践することを奨励する「イノベーションアワード」を設け、イノベーションが生まれる企業文化の醸成に努めています。

本年も、皆様に信頼される栄養・健康・ウェルネス企業として、「Good Food, Good Life」のスローガンのもと、製品やサービスを通じて付加価値をお届けできますように全力で取り組んでまいります。

本年の活動に変わらぬご支援をお願い申し上げますとともに、皆様のご繁栄とご健勝をお祈り申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。