ひとりでも、室内の狭いスペースでもできる「ヘルシーキッズBRTプログラム」 4月スタート

一覧へ神戸,3 26, 2014

一般社団法人ニュートリション運動推進会議子どもの健康づくり委員会(代表理事:古畑公)と
ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO:高岡 浩三)が取り組んでいる
「ネスレ ヘルシーキッズ® プログラム」では、一般社団法人キッズアスレティックス・ジャパン*の監修のもと、室内向け運動プログラム「ヘルシーキッズBRTプログラム」を新たに開発し、4月より展開します。

「ネスレ ヘルシーキッズ プログラム」は、「食育(栄養)プログラム」と、実際にからだを動かす「運動プログラム」を通じて、栄養と運動の両面から健康なからだをつくることを学ぶプログラムです。
この度、「鬼ごっこ」をコンセプトにした従来の運動プログラムに加え、ひとりでも、また室内の狭いスペースでもできることをコンセプトにした「ヘルシーキッズBRTプログラム」を開発しました。ゴールデンエイジといわれる小学生の運動神経を発達させるために重要な、バランス(B)、リズム(R)、タイミング(T)の能力を高めていきます。

* 一般社団法人キッズアスレティックス・ジャパン:子どもの運動能力向上を目的に国際陸上競技連盟が開発した陸上あそび
「キッズアスレティックス」の普及に取り組む国内団体です。

プレスリリースの全文はこちらをご覧ください。