9月1日(日) 新「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」誕生

一覧へ神戸,8 28, 2013

ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO:高岡 浩三、以下「ネスレ」)は、1960年の発売以来、日本で最も多くの消費者に愛飲されてきた「ネスカフェ」インスタントコーヒーの歴史に終止符を打ち、「ネスカフェ」を新しいカテゴリー“レギュラーソリュブルコーヒー”へと進化させます。
淹れたての香りと味わいを楽しめる「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」を9月1日(日)から全国で発売し、日本のコーヒー市場を活性化していきます。

ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー

■次世代のスタンダードを担う“挽き豆包みコーヒー”の投入により、新たなコーヒー需要を創造
ネスレは、1960年の「ネスカフェ」発売以降、マーケットリーダーとして常に新しい市場を創造し、日本のコーヒー文化を醸成してきました。半世紀以上の間、親しまれ続けてきた「ネスカフェ」は、今や日本人の生活になくてはならない飲み物となっています。
この秋、ネスレがラインアップを一新する「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」は、微粉砕したレギュラーコーヒーの粒をソリュブルコーヒーの粉に包み込む「挽き豆包み製法」を採用。これまでにない“淹れたての香りと味わい”を実現することで、まさに次世代のスタンダードを担うにふさわしい品質の製品が誕生しました。これに伴い、「ネスカフェ」インスタントコーヒーの全ラインアップは半世紀の歴史に終止符をうち、全て、新カテゴリー“レギュラーソリュブルコーヒー”として生まれ変わります。

また、今回の品質の刷新を機に、「ネスカフェ」の家庭内需要の拡大を目指すことは勿論のこと、家庭外コーヒー事業も拡大します。ネスレは、多くの消費者の方々に「ネスカフェ」を家庭外でもお楽しみいただけるよう、以下の取り組みをさらに強化していきます。(※詳細は【参考資料】に記載)
・喫茶・外食店向けのソリューションとして「Café NESCAFÉ サテライト」
・いつもの買い物の合間にカフェ気分を味わっていただける「カフェ・イン・ショップ(店舗内カフェ)」
・オフィスでもカフェ気分をお楽しみいただける「ネスカフェ アンバサダー」

■これまでにない“淹れたての香りと味わい”を実現した「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」
「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」とは、丁寧に微粉砕した焙煎コーヒー豆をネスレ独自のコーヒー抽出液と混ぜ合わせて乾燥し、ソリュブルコーヒーの粉の中に封じ込めるという、画期的な技術「挽き豆包み製法」を採用したコーヒーです。
自然の恵みに育まれた“コーヒーチェリー”。そこから生まれるコーヒー豆。ネスレは、その豆を丁寧に焙煎し、微粉砕した豆の粒を大切に包み込み、カップの中まで届けます。ソリュブルコーヒーの粉の中に微粉砕した豆を封じ込めることで、豆の酸化の原因となる空気との接触を低減し、一杯ずつ淹れたての香りと味わいを生み出すことが可能となります。
飲み終わった後、カップの底に描かれるのは、まるでクレッセント(三日月)のような模様。それこそが淹れたての香りとコーヒー本来の味わいが、カップの中に生きていた証です。
また、パッケージについても、各ブランドのカラーや形状は踏襲しつつも、新しいカテゴリーの製品であることを伝えるために大きく刷新します。淹れたての香りが今にも感じられるデザインと、「挽き豆包みコーヒー」とそれを象徴する「クレッセント(三日月)」のアイコンを導入し、統一感あるパッケージに一新します。

■<飲み比べ調査> ~ 新しい「ネスカフェ」が大手カフェチェーンのレギュラーコーヒーを超える結果を獲得
今回の新製品発売に伴い、ネスレは「株式会社ぐるなび」の協力のもと、飲み比べ調査を実施。シェフやソムリエら外食店に勤務する<味覚のプロ>とされる方々117名に各々の銘柄を隠したうえで、「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」と「大手カフェチェーンのレギュラーコーヒー」2品を飲み比べていただきました。
調査の結果、「お店の料理の後に提供したいコーヒー」として「ネスカフェ」を選んだ人は、全体の61%にのぼりました。調査に参加した専門家からは、以下のようなコメントが寄せられています。

「飲みやすく、苦味が少ないところが店の料理に合っている。食事の後にサラッと飲めるのが良い。コーヒーの苦手な人も飲みやすい」(36才、シェフ)
「(自分の勤務している店では)女性向けのメニューや甘みがあるデザートが多く、20~30代の女性には味の強いタイプより、酸味で口をリセットするタイプの方が好まれる」
(31才、バリスタ)
「コースの際のシメには、ケーキや料理の後味を消さない程度の濃すぎない苦味やコクの方が、最後に出すには相応しい」(36才、ソムリエ)
「香り・酸味・苦味のバランスがとれている。食事の後にコーヒーまでおいしかったねと、お客様に言ってもらえそう」(43才、シェフ)
「ハンバーグ、ドリア等、洋食に合う味だと思う。アイス、冷凍の小さめのケーキを出しているので、少し苦味のあるこちらの方が合うと思う」(43才、シェフ)

世の中では、外食で提供されるレギュラーコーヒーは、家庭内で飲まれるインスタントコーヒーよりもクオリティが高いという先入観が大半を占める中、この調査を通して味覚のプロからのお墨付きを得ることができ、ネスレは「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」のクオリティの高さに一層の自信を感じています。

■<専門家の声> ~ 「挽き豆包みコーヒー」の評価
また、同じ飲料業界においてコーヒーに通ずる作法、味わいを表現できる「ソムリエ」「日本茶鑑定士」「カフェテイスター」といった“香りと味わいのプロフェッショナル”の皆様に、生まれ変わった
「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」をご体験いただき、その良さを表現していただきました。

【シャトーレストラン ジョエル・ロブション シェフソムリエ】 信国 武洋 氏
<プロフィール>
2001年渡仏。パリで1992年世界優秀ソムリエのフィリップ・フォールブラック氏に師事。
その後、「ギィ・サヴォワ」「トゥールダルジャン」で研鑽を積み、帰国。
2004年より「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」に勤務し、現在シェフソムリエとして活躍。

<コメント>
「自分の嗅覚が引き込まれるような、華やかで、たっぷりした淹れたての香り」
ソムリエという仕事柄、コーヒーにおいても、味わいだけではなく、色(ワインでは外観といいますが)や香りも確かめます。中でもコーヒーの香りの上品で華やかで、複雑な香りは楽しみのひとつです。ワインは葡萄から、コーヒーはチェリーから、と原料の良さが品質の良さに繋がること、そして、楽しむときのステップも共通点が多いので、ソムリエである私としても、コーヒーは非常に興味深いと感じています。
「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」の第一印象は、自分の嗅覚が引き込まれるような、華やかで、たっぷりとした香り。香りの複雑さ、豆の香ばしさは、これから何が起きるのか、ワクワク感さえ感じさせてくれます。
また、香りは、鼻で嗅ぐより口の中に広がるもののほうが嗅覚に伝わりやすいのですが、「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」の口中に広がるアロマの豊かさは、コーヒー本来の香り、ですね。

【日本茶鑑定士】 山科 康也 氏
<プロフィール>
全国で39名しかいない、日本茶鑑定士のひとり。(2013年8月現在)
1980年に家業の製茶問屋「山科茶舗」入社。
茶業界歴32年。仕入れ・製茶・ブレンドに従事。現在、「山科茶舗」代表者。
福岡県茶業青年団団長歴任・日本茶インストラクター福岡県支部支部長歴任
日本茶インストラクター1期生・日本茶鑑定士1期生

<コメント>
「この微粉砕された“挽き豆”は、挽いた茶葉がおいしさを引き出すのと同じようです」
味わいにおいて、視覚に訴えるものも味の評価になります。日本茶の鑑定においても、色はポイントのひとつなので、「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」の色合いはかなり興味深かったですね。まずはカップの縁に、透明感のある琥珀色のリングがあり、清々しさを持ち合わせていることが分かります。そして中にいくほど濃い色になり、チョコレートのようで、コクのある味わいを連想させてくれます。この2色のコントラストは見ておいしそうだと思います。また、飲み終わった後に、細かく挽かれた豆が残ることで、おいしく飲んだな、良い時間を過ごしたな、という満足感の余韻と振り返りにつながります。日本茶に抹茶が入ることで、その深みを増すように、コーヒーに挽き豆が入ることで、これほどまでに風味を増すとは驚きです。色の印象が残るのもいい。抹茶と近いものがありますね。

【イタリア国際カフェテイスティング協会 カフェテイスター】 廣澤 美穂 氏
<プロフィール>
2008年よりイタリアバリスタマエストロ横山千尋氏に師事し、「バール・デルソーレ」に入社。
バリスタ歴5年。
2009年にIIAC(イタリア国際カフェテイスティング協会)レベル1カフェテイスター習得。

<コメント>
「コーヒー本来の味わいが感じられる、本格派コーヒー」
カフェテイスターとして、初めて「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」を飲んだ時、口の中にふわっと広がる淹れたての香りと味わい、深みとコク、さらに、ほどよい酸味もあって、<豆が本来持つ香りと味わいを活かしきっている。豆が生きている>と感じました。第一印象として「コーヒー本来の味わいが感じられる、本格派コーヒー」と感じました。
レギュラーコーヒーは、保管方法などによっては、時間とともに酸化が進み、風味が落ちてしまいますが、「挽き豆包みコーヒー」なら、常に淹れたての香りとコーヒー本来の味わいを楽しめます。
その意味で、「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」は、手軽に飲めるお店の味。リラックスしながら、楽しい時間のスイッチを入れてくれそうな気がします。

■あなたの声を募集中!全国各地で「挽き豆包みコーヒー」体験
今回の新発売に合わせ、「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」の大規模なサンプリングを実施し、日本全国で「挽き豆包みコーヒー」の体験を提供します。
新しくなった「ネスカフェ エクセラ」「ネスカフェ ゴールドブレンド」「ネスカフェ 香味焙煎」のスティックが1本ずつ入ったサンプリングキットを、全国小売店の店頭やオフィス向けに計750万杯分を配布予定。また「挽き豆包みコーヒー」を実際に体験した方々の声を募集するキャンペーンも8月29日(木)から展開し、「挽き豆包みコーヒー」を飲用していただいた方々の具体的な声をインターネット上で共有することで、さらなる興味喚起、新規ユーザーの獲得を広げていきます。

<プレゼントキャンペーン概要>

【名称】 新発売「ネスカフェ 挽き豆包みコーヒー」感想投稿キャンペーン
【賞品】 「ネスカフェ ゴールドブレンド クレッセントカップ」
【当選人数】 10,000名様
【応募期間】 2013年8月29日(木)~10月31日(木)
【応募方法】 下記キャンペーンWebサイトより必要事項を入力の上、ご応募ください。
http://nestle.jp/brand/rsc/
(パソコン・スマートフォン・携帯電話からのみ応募可能です。)
【当選発表】 厳正な抽選を行い、当選者への賞品発送をもって当選発表といたします。

■製品概要

製品名 内容量 希望小売
価格(税込)
発売日 発売地域
ネスカフェ エクセラ 40g 40g \208 9月1日(日) 全国
ネスカフェ エクセラ 130g 130g \795
ネスカフェ エクセラ 230g 230g \1,338
ネスカフェ エクセラ
エコ&システムパック 210g
210g \980
ネスカフェ エクセラ
スッキリつめかえパック 90g
90g \474
ネスカフェ エクセラ
スッキリつめかえパック 170g
170g \798
ネスカフェ エクセラ
カップコーヒー 4カップ
4カップ \198
ネスカフェ ゴールドブレンド 30g 30g \308
ネスカフェ ゴールドブレンド 90g 90g \998
ネスカフェ ゴールドブレンド 135g 135g \1,468
ネスカフェ ゴールドブレンド
エコ&システムパック 70g
70g \669
ネスカフェ ゴールドブレンド
エコ&システムパック 110g
110g \1,010
ネスカフェ ゴールドブレンド
カップコーヒー 4カップ
4カップ \283
ネスカフェ ゴールドブレンド
カフェインレス30g
30g \328
ネスカフェ ゴールドブレンド
カフェインレス80g
80g \1,097
ネスカフェ プレジデント 24g 24g \378
ネスカフェ プレジデント 85g 85g \1,298
ネスカフェ プレジデント
エコ&システムパック 75g
75g \1,108
ネスカフェ 香味焙煎
コクの豊潤 深煎り 30g
30g \328
ネスカフェ 香味焙煎
コクの豊潤 深煎り 70g
70g \858
ネスカフェ 香味焙煎
まろやか淡麗 中煎り 30g
30g \328
ネスカフェ 香味焙煎
まろやか淡麗 中煎り 70g
70g \858
ネスカフェ 香味焙煎
エコ&システムパック
コクの豊潤 深煎り 60g
60g \698
ネスカフェ 香味焙煎
エコ&システムパック
まろやか淡麗 中煎り 60g
60g \698

【参考資料】「ネスカフェ」家庭外飲用機会の拡大について
半世紀以上の間、多くの消費者の方々に、主に家庭内でお楽しみいただいている「ネスカフェ」を、より多くの機会にお楽しみいただけるように、ネスレの持つコーヒーマシンを活用して、家庭外における飲用機会を促進していきます。
ネスレは、人が集まる場所にはたとえ小さくても様々なコミュニティが存在し、語らい、ホッと一息つけるソリューションが必要であると考えています。そこで、あらゆる場所を「美味しいコーヒーが飲める憩いの場所」とすべく、「Café NESCAFÉ」をコミュニティの中心として位置づけ、気軽にコーヒーをお楽しみいただくためのソリューションを提供します。
ソリューションとして、「Café NESCAFÉ」の店舗展開をお考えの事業者様向けパッケージ「Café
NESCAFÉ」、喫茶・外食店様向けのソリューションとして「Café NESCAFÉサテライト」、いつもの買い物の合間にカフェ気分を味わっていただける「カフェ・イン・ショップ(店舗内カフェ)」、オフィスでもカフェ気分をお楽しみいただける「ネスカフェ アンバサダー」があります。

Café NESCAFÉ
現在、原宿、三宮、博多の3都市で店舗展開している「Café NESCAFÉ」。コーヒーマシン ソリューションや、その他マシンソリューションを活かしたドリンクやフードメニューの提供はもちろん、ライブや試写会などのイベント(原宿・三宮店)やコンテンツのweb配信など、「Café NESCAFÉ」としての魅力をすべて体感でき、いままでにない新しいカフェの楽しさを提供して、多くのお客様にご利用いただいています。
この「Café NESCAFÉ」の楽しさを凝縮して、新規事業者様が安心してカフェ事業を始められるパッケージのご提案です。

Café NESCAFÉ サテライト
既存の喫茶・外食事業者様が、「Café NESCAFÉ」のメニューやその他コンテンツをお好みに応じて選択でき、店舗での差別化のひとつとしてご利用いただける、全く新しいビジネスモデルのご提案です。コーヒーを中心としたメニューの提案をはじめ、ネスレが展開するWEBコンテンツ
「ネスレ アミューズ(http://nestle.jp)」、310万人を超えるネスレ会員(*1)、広告宣伝やPR活動など、様々なブランドコミュニケーション活動を活用し、事業者様をサポートします。
また、「Café NESCAFÉ」正規代理店 シーエヌジェイ株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長 兼 CEO:坂井 謙介)による、店舗運営サポートやノウハウ提供、メニュー開発、販売促進企画活動のサポートにより、安心して「Café NESCAFÉ」の導入が図れます。
(*1)2013年6月現在

カフェ・イン・ショップ
ご高齢の方々の「買い物の途中や、買い物の後、コーヒーとともにほっと一息できる場所が欲しい」というご意見や、「小さい子供が一緒だと、カフェに入るのは少しためらわれる」、「いつも買い物するお店で、ママ友とちょっとした時間を過ごしたい」といったお母様方の声にお応えして、主にスーパーマーケット内にカフェの展開を提案しています。また、最近増えている、書店や生花店を本業として営みながらカフェメニューの導入を検討し、カフェ経営を同時に行う「併業カフェ」希望者に対しても
「ネスカフェ ドルチェ グスト」、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」や「ネスカフェ ミラノ」といったコーヒーマシンと、導入時に必要となる備品(装飾やエプロンなど)をネスレから提供し、簡単に店舗内にカフェを開業するお手伝いをしています。既に全国で100店舗以上への導入が決まっており、日々拡大しております。

ネスカフェ アンバサダー
企業の福利厚生が縮小し、職場での飲み物の定番であるコーヒーも、個人で準備しなければならない時代を背景に、オフィスを対象に提案している仕組みです。
「ネスカフェ アンバサダー」(アンバサダー=大使)に登録すると、オフィスで「ネスカフェ
ゴールドブレンド バリスタ」を無料で使用できます。手軽に本格的なカフェメニューを楽しめる利便性や1杯約14円(*2)という経済性に加え、コーヒーを基点に広がる“コミュニケーションの活性化”といった「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」ならではのベネフィットをお楽しみいただけます。既に全国60,000以上のオフィスで運用されており、たくさんの嬉しいお声をいただいております。
「ネスカフェ アンバサダー」のサイト:http://nestle.jp/amb/
(*2)「ネスカフェゴールドブレンド」、ブラックコーヒーの場合

以上