子どものための健康的な食事 10のヒント

2 1, 2017

子どもにバランスの取れた食事をさせるのは、必ずしも簡単なことではありません。幼い頃から健康的な食習慣を身につけるために役立つ10のヒントをご紹介します。


朝食を食べる


 

バランスの取れた朝食がもちろん一番。これが無理でも、バナナとコップ1杯の牛乳だけでも朝食を食べないよりはずっといいです。朝食を食べると身体が目覚め1日のエネルギーを維持しやすくなります。

幼い頃にしっかり朝食を食べる習慣を身につけるよう育てれば、成長してもその習慣は身についているはずです。


健康的なお菓子を選ぶ


 

「少し何か食べたい」と思う時、ポテトチップスやビスケットなどに手を伸ばすのは簡単ですが、こういったお菓子類は栄養価が低く、カロリーが高い傾向にあります。

その代わりに、果物、無塩のナッツ、無糖のヨーグルトなど、健康的なお菓子を用意するようにしましょう。


水を飲む


 

食事の際の飲み物は水やお茶を選ぶようにし、ジュースや甘いドリンクは時々与えるようにしましょう。。

ジュースにも大切な栄養素が含まれており、活発で成長過程にある身体に栄養を補給してくれますが、糖類のとりすぎにならないように、のどが渇いている時は糖類で甘くした飲み物ではなく、まず水を飲むように習慣づけましょう。


栽培する


 

家庭で野菜などを栽培することは、食べ物がどうやってできるのか子どもたちに教え、バリエーション豊かな食事を奨励するための楽しい方法です。

種まきや水やり、収穫などを手伝えば、ブロッコリーやにんじんなど苦手な野菜も口にする可能性が高くなります。


一緒に食べる


 

大人はテレビの前で夕食を食べたり、仕事中デスクで昼食を済ましたり、あわただしく移動しながら軽食を食べたりしがちです。

でも、あなたが子どもたちと一緒に食卓を囲み、規則正しく食事を摂れれば、お菓子を減らすだけでなく、大切な社会性を学ぶことにもなります。


キッチンで楽しく


 

料理の作り方を知ると、子どもたちはもっといろいろなものを食べたがるようになります。

自分用のエプロンを与えて、料理を楽しいと感じてもらえるよう、キッチンでちょっとしたお手伝いを定期的にお願いするようにしてみましょう。


ゆっくりと


 

ゆっくり食事をすることは、年齢と関係なく体重管理にも効果的です。満腹になったことが胃から脳に伝達されるのに約20分かかることを子どもに教えてあげることもよい方法かもしれません。

子どもたちには、つい数分で食事を終わらせて欲しい、と願ってしまいがちですが、子どもがゆっくりよく咀嚼することを学ぶことの方がはるかに重要です。


クリエイティブに


 

果物や野菜の鮮やかな色はすべて、私たちの身体の健康に良い影響を与える、天然の植物化学物質に由来します。色の違いも楽しみながら、毎日さまざまな色のものを食べてみましょう。

子どもに興味をもってもらうために、いろいろな果物や野菜を選んだりおもしろい形に切ったりして、もっと楽しくわくわくするものに見えるようにするのもいいかもしれません。


「ごちそうさま」のタイミングを学ぶ


 

子どもは、生まれながらに満腹になると食べることをやめる能力を備えています。しかし、親にとっては、子どもが十分に食べたかどうかを判断するのが難しい場合がよくあります。

子どもが自分のおなかの状態に耳を傾け、「おなかはいっぱい?」「これ以上食べたら気分が悪くならない?」と量や質について自問自答するよう教えることは、満腹感を感じる能力を養う機会にもなります。


あきらめない


 

ネスレの研究によると、ほとんどの乳幼児は新しい食べ物を好きになるまでに、7回から10回食べてみる必要があります。子どもに新しい味、あるいは珍しい味を体験させるのを恐れないでください。子どもにさまざまな食品を食べさせる良い方法は、新しい食べ物を味わうことが成長のしるしだと教えることです。

あるいは、買い物に連れて行き、これまで食べたことがない健康的な食品を選ばせて、好きなものと一緒に食卓に出してみるのもいいでしょう(アレルギー体質の方は大人のサポートが必要です)。



この記事は、ネスレS.A.が発行した「Ten healthy eating tips for kids」の日本語翻訳です。日本のお客さまにわかりやすくなるよう一部表現を変更しています。