味に妥協しないで減塩する7つの方法

1 23, 2017

おいしさを損なわずに、毎日の食塩摂取量を減らすことを願っていませんか? 健康的な食べ物をおいしく楽しむための7つのヒントを紹介します。


1. お勧めの量はどれくらい?


数字で管理する健康的な生活。

]

日本人の食塩摂取量は世界的にみても多く、日ごろから気をつける必要があります。

食塩の摂取量を減らすために、まず数字で把握しましょう。世界保健機関(WHO)は、毎日の食塩摂取量を5グラム未満(計量スプーン小さじ1杯程度相当)と推奨しています。また、厚生労働省は日本人の食事摂取基準(2015年版)で、成人の食塩摂取目標量を男性では8g未満、女性は7g未満としています。

食事に含まれる食塩の量を減らそうと考えている方は、これを日々の目標量として覚えておきましょう。個人的に食塩摂取量に関する助言が必要な方は、医師とご相談されることをお勧めします。


2.減塩レシピを見つけよう


発見、創造、シェア!

 

必要なことは、皆の好みに合う減塩レシピをネット検索することだけ。ネスレ バランスレシピでは、「塩分控えめレシピ」を簡単検索することができます。どれがあなたに合うか試してみて、あなた自身の工夫を加え、そして広めましょう。


3. 賢く買い物


 

買い物かごにいれる時に注意をしましょう。ラベルで確認して、あなたのお気に入りの食品の中で食塩量が多いもの、少ないものがどれかを知りましょう。


4. より少ない食塩で料理


 

あらゆるレシピで、食塩をひとつまみ加えるよういわれますが、多くの人が食べる時に再び塩分で味をととのえようとします。なぜ2度も? 食塩の使用は一部食品の調理過程では役に立ちますが、塩分だけで味を調えることは控えましょう。


5. 味付けする前に味見する


身についてしまった習慣を捨てる。

 

まだ食事に追加の食塩が必要ですか? 多くの人が儀式のように食塩を加えています。それは必要ではないかもしれません。食塩を加える時は、少なくともまず味をみて、調味料を追加しなくても好みに合うか試してみましょう。大きな違いに気づかないかもしれません。


6. より少ない食塩を楽しむことを学ぶ


つまるところ味の問題です。

 

食塩を減らすことを怖がらないでください。味蕾(みらい)は時間とともに慣れていきます。ネスレは、2005年から製品に含まれる食塩を徐々に削減しています。なぜでしょう? 消費者に時間をかけて味の変化に慣れてもらい、長い期間をかけて嗜好に適応できるようにするためです。

味蕾(みらい):人間や動物の舌に多数存在し、味を感じて中枢に伝える働きを持つ。


7. 新しい味を取り入れる


ハーブやスパイスなど・・・

 

食塩は唯一の調味料ではありません。食塩の代わりになるもの(ハーブやスパイス、お酢、かんきつ類など)を見つけて、あなたのお気に入りの食品と合わせてみませんか? 

ネスレで働くシェフは、常に新しい味を取り入れるために、食塩の代わりにいろいろなスパイスやハーブを使って、さまざまな方法を探しています。




この記事は、ネスレS.A.が発行した記事「7 ways to eat less salt without compromising on taste」の日本語翻訳です。日本のお客さまにわかりやすくなるよう一部表現を変更しています。